都遊協、行政が業界の悪しき慣習一掃を求める(更新日:2015/05/26)

都遊協(阿部恭久理事長)は5月20日、東京都文京区の「東京ドームホテル」で第47回通常総代会を開催。阿部理事長は冒頭、同18日にホール団体が警察庁から健全化機構による釘の検査の説明を受けた件に触れ、あらためて法令順守を訴えた。また、警視庁生活安全部の渕上宏和理事官は、2012年5月の余暇進総会で警察庁担当官が指摘した、法律を確認しないなどの「業界の健全化を阻害する四つの悪しき慣習」に言及。「一掃に全力を」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す