将棋女流名人戦の冠名が「岡田美術館杯」に(更新日:2015/03/24)

ユニバーサルエンターテインメントが特別協賛する「ユニバーサル杯 第41期女流名人戦」(主催・報知新聞社、日本将棋連盟)の就位式が3月19日、東京都港区の「明治記念館」で開催され、今年1~2月に行われた第41期女流名人戦で同タイトル戦初の6連覇を達成した里見香奈女流名人に、同社から賞金と記念の盾を贈呈。また、その席上、来期から冠名を「岡田美術館杯」とすることが発表された。同美術館は、同社の岡田和生会長が収集した日本・東洋の陶磁器や絵画などを収蔵する私設美術館。式後の祝賀パーティーで、小林忠館長が来賓としてあいさつし、「ユニバーサルエンターテインメントグループでは1993年より本タイトル戦を特別協賛してきましたが、来期から当館の冠名で支援させていただくことになりました。連携し合って、伝統ある女流名人戦に新たな風を吹き込んでいきたい」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す