2種類のST搭載! 「CRバイオハザード0」発表(更新日:2015/03/24)

大一商会は3月19日、東京都港区の「TABLOID」で「CRバイオハザード0」のプレス発表会を開催。カプコンが誇る超人気サバイバルホラーゲームをモチーフとしたV確ST機で、大当たり確率は392.4分の1。 ST突入率64%、継続率は約82%、右打ち中大当たりの75%が約2000個(16R)となっている。「Dual V-rush ST」と銘打った変動速度が異なる2種類のSTを搭載しており、初当たり後はST「パンデミックラッシュ」(130回)に突入。そして、同ラッシュ中の16R大当たり後は、高速変動ST「アクセラレーションラッシュ」(同)に移行する。同社営業本部の藤井美宏執行役員本部長は「大当たりの種類によって確変中の変動スピードを変える、業界初の新機能を搭載し、プレーヤーさまにとって気持ち良さと心配が共存する確率変動の時間と、バイオハザードが持つ世界観を見事にマッチングさせたパチンコ機に仕上げることができました」と話した。発表会にはタレントの紗綾さんが登場。「バイオハザード好きにはたまらないパチンコです」とPRした。ホール導入は5月11日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す