エンビズが「第10回P能検表彰式」(更新日:2015/02/24)

エンビズ総研は2月18日、東京都台東区のエース電研販売ビルで「第10回パチンコ店舗管理者実務能力検定試験(P能検)」表彰式を開催。店舗管理に必要な知識レベルのチェックを目的に05年からスタートしたもので、「一般常識」「業界知識・法律知識・不正排除」「計数管理・機械整備・設定管理」「労務管理」などの7分野から計100題が出題される(100点満点)。今回の受験者は528人で、平均点は50.1点。企業部門は、静岡・神奈川県に計10店舗を展開するアプリイが平均58.56点で第1位、個人部門は都内のホール企業・巴商事の相原晋営業部長が79点で第1位となった。表彰状を受け取ったアプリイの山本芳司社長は「コンプライアンスの重要性が増す中、風適法や一般常識にもっと精通する必要があるとの思いから、今回初めて会社としてP能検を受験しました。来年も受験したい」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す