アプリイが静岡県袋井市と災害協定締結(更新日:2015/01/27)

静岡と神奈川に10店舗を展開するホール企業・アプリイが静岡県袋井市と災害協定を締結することになり1月19日、同市役所庁議室で協定締結調印式を開催。アプリイの山本芳司社長、袋井市の原田英之市長らが出席した。同市内では「UPLY袋井」(総台数480台)を運営している。協定の内容は、救援や応急復旧に必要な駐車場・敷地の提供、被災者の一時収容のための施設提供、食糧・飲料水・生活物資とその供給に必要な資機材の提供など。原田市長は「東海地震などが発生した際、袋井市においては、想定できないほどの被害が考えられます。今回の協定は本当に心強く、ありがたい」と謝辞を述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す