マルハン、首都圏への集中出店を表明(更新日:2006/11/28)

マルハン(本社・東京都千代田区、鈴木嘉和社長)は11月27日、東京都千代田区の「パレスホテル」で、28日、京都市の「ホテルグランヴィア京都」でマスコミ・金融関係者向けの「会社説明会」を開催。上半期の概要について解説した。鈴木社長は、「今期は連結で売上高が1兆8700億円になる見込み。期首計画より600億円下方修正したが、これは出店数を計画の37店舗から30店舗に変更したことが大きな要因。ただし、営業利益277億円、経常利益290億円は、期首計画通りの予定」と語った。また、中期戦略として首都圏への集中出店を表明。これに伴い「開発の特別部隊(社長直轄)を11月に立ち上げた。東京・神奈川・埼玉・千葉に100店舗ぐらいを目標に出店を考えている」と述べた。また、韓俊営業本部長は「5号機設置比率を3月末までにパチスロ全体の20%まで持っていく予定」と話した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す