ジェイビー [CR うちのポチーズ] どつきゴト(更新日:2014.9.1)

ca-pub-5058195297915448″;
/* ゴト468(1) */
google_ad_slot = “7752103699”;
google_ad_width = 468;
google_ad_height = 60;
//–>


ジェイビー[CR うちのポチーズRX]を狙った≪どつきゴト≫の被害が全国的に拡大しております。

■犯行手口

1GW-20140901-183115.jpg

■犯行時の様子

2GW-20140901-183115.jpg

■参考:どつきゴト 対応例

(1) “どつき行為”に対するハウスルールの再確認・当該台付近への掲示 (抑止効果)

GW-20140901-183215.jpg

(2)“どつき行為”を確認した場合、ハウスルールを基に注意を促す (平穏に対応)

※ゴトかどうかの判断が難しいため、監視カメラの映像を入念にチェック!
※映像にて、どつき行為が確認できれば、獲得された出玉の交換拒否(没収)も…
GW-20140901-183234.jpg

(3)ゴトと断定できた場合、警察に間に入ってもらうなどして対応

※ゴト行為であると確認できた場合は、対応は複数名で行うのがベスト(水掛け論防止のため)
※対応時の映像録画は忘れずに!!
GW-20140901-183250.jpg

≪どつきゴト≫に関しては、“ゴトかどうか分からない”“立証しづらい”など、非常にやっかいなゴトであり、特に対応時に“水掛け論”になり台を叩く行為から論点を巧妙にすり替えてくるゴト師も多く、非常に骨が折れる事案でもあります。

仮にどつき行為を確認し、店舗側で注意を促したとします。賢いゴト師であれば、店側から注意をされればすぐに遊技を止め、それまでに獲得した出玉を流し退店することでしょう。ゴト行為で獲得した玉だと分かっていながら、玉を流される… 非常に悔しいことです。

このように標準搭載の振動センサが発報しないケースに関しては、市販されている振動センサを導入し、どつき行為を早期に発見し、そういった悔しい被害を未然に防ぐ対策も考慮する必要があると弊社は考えます。

今一度、設置店におきましては十分警戒するとともに、ハウスルールの見直しを含めた対応方法等を再確認される事をおすすめいたします。

 情報提供:株式会社ジーティネット

ジーティーネット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す