Android版「モバ7」の提供を開始(2012/02/01更新)

 モバイルを中心としたエンターテインメントコンテンツを手掛けるバタフライ(東京都新宿区・北村勝利社長)は1月30日、ディー・エヌ・エーが運営するAndroid搭載端末向けの「Mobage(モバゲー)」にパチンコ・パチスロ総合ポータルサイト『モバ7』の提供を開始した。

 『モバ7』は2009年11月のサービス開始以来、携帯電話向け「Mobage」内で唯一のパチンコ・パチスロ総合ポートタルサイトとして多くの利用者を獲得してきた。今回はAndroid版のサービスが開始されたことに伴い、これまでオンライン仮想ホールで遊技していた実機シミュレーションのデータをAndroid搭載のスマートフォンにも引き継ぐことができる。

 また、Android版ではサービス開始と同時に、ベルコとユビテクノより提供を受けたパチスロ「スーパービンゴ」の実機シミュレーションアプリを配信。高精細なゲーム画面と実機に近い操作性で楽しめるほか、所得モバドルや経験値等を携帯電話版から引き継いでプレイできる。

(C)BELLCO

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

コメントを残す