船井総研が女性スタッフの活用術をテーマにセミナー(更新日:2013/7/19)

「女性の力を引き出せる企業はなぜ業績が上がるのか?」をテーマにした船井総研のセミナーが7月17日、同研究所五反田オフィスで行われ、㈱三日月百子代表取締役の物河昭氏が講演した。
 
大阪府を拠点に全国72店舗の300円均一の雑貨店「ミカヅキモモコ」を経営する物河氏は、ほぼ女性社員のみで運営されている自社の経験を踏まえながら、女性スタッフの活用術や人材育成のポイントなどを語った。
 
経営者や管理者が「女性だから男性のようにできない」という意識を持つのは男性社会のフォーマットに無理矢理当てはめようとしているからと指摘した物河氏は「一度、そうした意識を払拭して女性の特性にピントを合わせてみてはどうか。男性とは異なる細かい配慮やサービス力を武器にできる要素が見つかるはずだ」と述べた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す