大一が初の「デコパチ」対応機をリリース(更新日:2010/03/30)

大一商会(本社・愛知県北名古屋市、市原高明社長)は、このほど「Daiichi 春の甘甘(あまあま)祭り」と題し、甘デジ3タイトル4スペックを発表した。ラインアップは、大当たり確率99分の1の「CRAエンターザマトリックスNS」、同49.75分の1(めちゃ甘)の「CRAエンターザマトリックスXS」、同149.3分の1の「CR哲也 天運Ver.」、同55分の1(めちゃ甘)の「CRA石川さゆり 夫婦善哉」。「エンターザマトリックス」はミドルタイプとは違い、超高速STを採用したのが特徴。なお、上記の中で、「石川さゆり」以外は初の「デコパチ」(同社のリユースプラン)対応機となっている。ホール導入は5月上旬予定。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す