平和が黄門ちゃまの最新作を発表(更新日:2012/1/27)

平和は1月25日、都内上野の東京支店で「CR黄門ちゃま寿 助けて黄門ちゃま!いやまじで…(汗)」の展示会を開催した。
 
黄門ちゃまシリーズの最新作となる同機は初当りを含めて4回のリミッターを搭載したのが最大の特徴。初当り時は10Rの緑図柄揃いが大当りの中心になるが、初当り後の右打ち消化時には5Rの「REGボーナス」と15Rの「BIGボーナス」のどちらか。初当りで10Rの出玉を確保したうえで、残り3回の大当りでいかにBIGボーナスを引き当てるかが勝敗を分けるゲーム性となっている。
 
リミット到達後には100回転の時短に突入するが、この間に大当りを引き戻すと大当り4回が確定するだけに、通常の機種より時短中の引き戻しが大きな意味を持つ。
 
シリーズ機は大当り確率1/309.1の「HOAZ」と、大当り確率1/99.9の「9AW」の2タイプ。後者の大当りは5Ror10R。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す