国内最大規模の草野球トーナメント「マルハンドリームカップ」が閉幕(更新日:2011/11/25)

マルハンが特別協賛した全国草野球大会「第5回マルハンドリームカップ全国ベースボールトーナメント」の決勝戦が11月20日、東京ドームで行われた。

国内すべての軟式チームを対象とした日本最大規模のベースボールトーナメントは5回目を迎え、今回も1,000チーム以上が参加。この日の決勝では、関東地区代表のBig☆B(千葉県)と北海道地区代表のSpirits(釧路)が対戦し、Big☆Bが16‐0で勝ち全国の頂点に立った。Big☆Bは、元巨人の柴田勲氏率いるプロ野球OBチームとのドリームマッチにも挑み、6‐0の完勝。日本一の実力を存分にみせつけた。

なお、今大会は、東日本大震災の被災地支援企画として、ホームランが1本出るごとに被災地の少年野球チームにボール2ダースをプレゼントする「野球人の絆ボールプロジェクト」を実施しており、大会通算75本のホームランが出たことから、合計150ダースのボールが少年野球チームの元へ届けられることとなった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す