ダイナムがプロバスケットの日韓戦を協賛(更新日:2011/9/30)

ホール経営大手のダイナムは、「2011 bj-KBL チャンピオンシップゲームズ」(主催・日本プロバスケットボ ールリーグ/韓国バスケットボールリーグ)をスポンサーとして協賛すると発表した。

同試合は日本のbjリーグと韓国のKBLの王者同士が対戦するプロバスケットボールの日韓王者決定戦で、2006年から開催され今年で6回目となる。同社の協賛は2年連続で、ホール344店舗においてゲームの店頭案内を行うほか、ダイナム賞(3ポイント得点王)を設置するなどして盛り上げていく予定。ホームタウン制、地元密着型チーム経営を理念に掲げているbjリーグの姿勢が、企業理念に「社会貢献」を掲げる同社の目指すべき方向性に沿うものとの考えから協賛を決めた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す