「ハナハナ」シリーズ最新作を発表(2009/07/31更新)

 パイオニアは7月30日、東京営業所ショールームにてパチスロ新機種『サンサンハナハナ-30』の発表内覧会を開催。長期稼働中の『ニューハナハナ-30』、『スペシャルハナハナ-30』の正統後継機で、キーワードは“UP”だ。納品は8月30日からを予定。

 5号機「ハナハナ」シリーズ第3弾となる『サンサンハナハナ-30』は、前2機種のスペックよりもBB確率・RB確率・ボーナス合成確率・出玉率・瞬発力の各項目でアップし、シリーズ最高峰のスペックとなっている。

 搭載する告知演出もシリーズ最多で、フリーズ演出や爆発音、ビリビリ点滅など多種多様な演出でボーナス当選を告知する。また、ボーナス成立時の1/8で告知を次ゲームに持ち越し、小役当選時に告知するプレミアム演出もある。

 主なスペックは、BB確率が1/306(設定1)〜1/244(設定6)、RB確率は1/496〜1/364、合成確率が1/189〜1/146、出玉率は95.0%〜110.0%。ボーナスの純増枚数はBBが約312枚、RBが約130枚。1000円あたりのゲーム数は37Gとなっている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

コメントを残す