サミーが萌え系パチスロ「ツインエンジェル」最新作を発表(更新日:2011/8/29)

サミーは8月25日、同社の人気萌え系コンテンツをモチーフとしたパチスロ機の最新作「快盗天使ツインエンジェル3」の展示内覧会を開催した。同名タイトルの3作目となる新機種は、過去2作とも導入以来、堅調な稼動を示した機種だけに関心も高く、ショールームは多くのホール関係者で賑わった。

スペックは、軽めの確率で設計されたボーナスとRTが搭載され、過去2作のコンセプトを引き継ぐ遊びやすさに主眼を置いた仕様。ボーナスは獲得枚数別に3タイプが盛り込まれ、それぞれ、約260枚、同210枚、同77枚が獲得できる。1セット33ゲーム継続するRTは、ボーナス時やRT中、白7揃いでセット数が上乗せされるなど、基本的な遊びやすさに加え、近年のパチスロが有する連チャンの期待感を高めるゲーム性も併せて搭載した。

また今作では、同社が稼動支援として展開している携帯電話と実機が連動した「マイスロ」を拡充。実機に搭載されているイラストやミッション、楽曲など、実機の演出を日時が経過するごとに進化させるなど、やり込み要素を多数盛り込み、集客の一助を担う体制を敷いている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す