オリンピア、パチスロ新機種「ウイングマン」を発表(更新日:2011/8/25)

オリンピアはこのほど、週刊少年ジャンプなどで連載され、アニメ化も果たした同名人気タイトルをモチーフとしたパチスロ機の新機種「ウイングマン」の展示会を開催した。

基本的には、ボーナスと純増約1.7枚のARTが主な出玉獲得手段となっているスペックだが、そのほか3タイプのプレミアARTを盛り込むことで、瞬発的な差玉に期待が持てる仕様を実現している。通常のARTは、1セット80ゲーム継続する押し順タイプ。初回ARTの継続率は50%となっているが、一度その継続率抽選を突破すれば、以降の継続率が80%に上昇、連チャンの期待度が大幅に高まる仕組みで、ART中にはセット数の上乗せも期待できる。

ボーナスは、322枚の獲得となるBBと112枚が獲得できる「ウイングボーナス」。このうちBBはART発動が確定するほか、およそ7回に1度は先述したプレミアムARTが発動する。このプレミアムARTは「約90%ループ」「500ゲーム保証」「1/20で上乗せ」の3種類となっており、どのARTを発動させるかは、プレイヤーが任意で選択できる。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す