多発!!デカ玉+電磁波(更新日:2010.09.30)

 ひと回り大きい玉「デカ玉」を使用し、「電磁波ゴト」を行い多量の出玉を得る不正が、全国的に多発しておりますのでお伝えいたします。

犯行手口

①「デカ玉」を打ち出し、他入賞口に入れる(主に磁石にて誘導する)
②カウントセンサより玉が大きいため、センサーに玉が引っかかる
③以降、電磁波を照射するとカウントが上がってしまう

被害多発機種

・CRA北斗の拳シリーズ
・CRA大海物語スペシャルSAP(アグネスラム)
・CRシャカRUSH7G
・CR牙狼XX

 当不正は、甘デジが狙われる傾向にあります。5R特賞時に犯行を行い、15R分の出玉を得る事例が多く確認されています。

 また、電磁波を当てた時間が数秒で、2箱以上の不正払出、といった事例や逮捕されたときのリスクを軽減させるために、「打ち子・電磁波照射役・交換役」に役割分担する事例も確認されており、多様な手口が発生しております。

 今後も最も警戒しなくてはいけない不正として、十分にお気を付け下さい。

 情報提供先:株式会社ジーティネット

ジーティーネット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す