大遊協が福祉車両8台を贈呈(更新日:2009/03/31)

大阪府遊協(段為梁理事長)は3月27日、大阪市役所で、大阪府内の特別養護老人ホームなど8施設に福祉車両8台を贈呈した。同組合では2003年から大阪府、大阪市に対して寄贈を続けており累計101台となる。段理事長は「当面200台を目標に寄贈し続けたい。どうか私どもの活動にご理解をいただきき、今後ともご支援、ご協力をたまわりたく存じます」とあいさつ。大阪市の平松邦夫市長は「町中で何度となくご寄贈いただいた福祉車両を見かける機会がありました。市長になる前は履歴書の趣味の欄に『パチンコ』と書くほどパチンコが好きで、今後も皆さまのご発展をお祈りさせていただきます」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す