船井総研がホールスタッフ行動意識改革セミナーを開催(更新日:2011/5/20)

船井総研は5月16日に「ホールスタッフ行動意識改革セミナー」を開催し、同社コンサルタントの本岡宏尚氏、中右有美氏がそれぞれ講演を行った。


現場で働くスタッフの活性化がホールの収益向上に大きな影響を及ぼすとの考えを示した本岡氏は、スタッフが能動的な業務を行うには現場の意識改革が必要だと明言し、一過性の高い新台入れ替えやイベントに頼らない人材教育の重要性を説いた。また、「顧客とのキズナづくり」をテーマに講演した中右氏は、参加者によるグループワーキングを通じて良好なコミュニケーション能力を身に付けるためのポイントを解説するなどした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す