千葉のプリンスが民事再生法の適用を申請(2008/10/31更新)

 帝国データバンクによると千葉県のパチンコパーラー企業、(有)プリンスが10月29日、千葉地裁に民事再生法の適用を申請、同日、保全命令を受けていたことがわかった。

 同社は千葉県内で「ハッピーランド旭店」「プリンス光町店」「ハッピーランド八日市場店」「ハッピーランド東金店」、県外では茨城で「ハッピーランド神栖店」などを展開。2004年6月期には年収入高は約199億7900を計上した。しかしその後、大手パーラーの進出で競争が激化。08年6月期の年収入高は約90億2900万円に減少していたという。

 負債は約31億円(うち、金融負債は約14億円)。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

コメントを残す