日遊協がコンセプト遊技機試打会の詳細を発表(更新日:2010/12/28)

日遊協が平成23年2月26日に開催を予定している、コンセプト遊技機試打会「もっと楽しく!! もっと遊べる!! ぱちんこ&パチスロフェスタ2011 in 東京」の詳細が発表された。


試打会には、同・遊技機開発委員会が検討・開発し、先般5月の試打会で披露した「1円パチンコのエッセンスを4円営業で再現できる高確率機・CRAA」のコンセプトをさらに推し進めた機種を出展する。パチンコでは「消費金額」「消費時間」「面白さ」のバランスを重視したもの、一方のパチスロは「短時間遊技」「わかりやすさ」「店内環境」に関する機能をもった試作機・現行機を、50台~70台程度用意し、一般のファンに実際に遊んでもらうとともに、出展メーカー関係者らがその感想を直接聞く。

また同日には「遊技機アワード表彰式」も開催。ホール5団体、攻略誌、スポーツ紙、Webメディアの代表によって、2010年の人気機種を部門別に表彰する。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す