サミー[攻殻機動隊F] ≪AT セルゴト≫発生!!監視カメラの追尾機能も利用!(更新日:2013.12.06)

ca-pub-5058195297915448″;
/* ゴト468(1) */
google_ad_slot = “7752103699”;
google_ad_width = 468;
google_ad_height = 60;
//–>


 先日、関東地区の店舗において、サミー[攻殻機動隊F]を狙った≪ART セルゴト≫被害が発生しましたが、今回の事案は、実行役が犯行をやり易くするため、仲間のゴト師が他機種でエラーを故意に発生させ、従業員をキャッチするほか、監視カメラのアングルを変えての犯行になります(監視カメラの追尾機能が利用される)。

状況など

  • キャッチ役のゴト師は、[AKB48P]のメダル投入口から器具を入れ、故意にセレクタエラーを発生させる(その後も犯行が完了するまでエラーを頻発させる)

※ セレクタエラー対応に入った従業員はキャッチ役によって足止め!(キャッチ)
※ また、台を開けさせることで、監視カメラの追尾が機能し[AKB48P]の扉開放台をズームアップ!
※ キャッチ役は、犯行完了までスタッフがコース内に入らないようその後もキャッチ行為を継続

  • その直後、[攻殻機動隊F]にてART セルゴトの犯行開始! (約3 分の犯行)
  • 実行役の犯行完了後、打ち子が遊技を開始
  • 4 時間遊技 → 約9,000 枚のメダルを途中交換
  • 景品交換所で特殊景品交換後、隣の駐車場?へ (現金の受け渡し!?)
  • 打ち子はホールに戻り再び遊技開始 → 約7,000 枚を交換 (計 約16,000 枚の被害)

GW-20131206-133050.jpg

被害台画像

GW-20131206-133040.jpg

「セル2 本」 + 「外付不正器具」を使用しての犯行

  • A ・・・ セル① 挿入痕跡
  • B ・・・ セル① 挿入痕跡 (狙われる箇所)

※そのほかに、「グランドの役割」としてセル②を用いている (挿入箇所 調査中)
ART セット数/ゲーム数の上乗せが目的

≪防護方法≫ 画像B の箇所に 「物理的防護」 の実施を!

 情報提供:株式会社ジーティネット

ジーティーネット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す