同友会、ホール5団体で歩調を合わせる姿勢を打ち出す(更新日:2010/10/26)

同友会は10月20日、民主党娯楽研が作成したパチンコ業法の草案に対して、同友会単独で回答する考えを撤回し、ホール5団体で歩調を合わせる対応していく方針を発表した。


高濱代表理事は「協議が5団体の場に移ったことで、同友会単独の回答は控える。今後は業界全体の問題という認識に基づき5団体で協議した上で対応をしていきたい」と説明し、他団体と歩調を合わせる姿勢を示した。検討会及び10月12日に行われたホール5団体協議の途中経過を報告をするなかで、「現行法下での運用面に関わる課題の抽出などを行っている」としながらも、草案については「射幸性指導などで二重行政になる恐れがあり、混乱をきたす可能性も考えられる」と指摘するなど、共管に対して改めて疑問を呈した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す