アルゼ決算、ドンちゃんシリーズ好調で売上倍に(2008/05/30更新)

 アルゼ(株)(余語邦彦代表取締役社長)では5月26日、平成20年3月期連結決算を発表した。

 売上高721億3300万円(前期比102.7%増)、営業利益150億3500万円(前期32億500万円の損益)、経常利益222億5800万円(前期67億6400万円の損益)、当期純利益375億3800万円(前期比309.4%増)と増収増益、営業利益、経常利益は大幅な黒字に転換した。

 パチスロ8タイトルで約16万6000台のセールスと約2万7000台のソフト交換サービスを行うなどパチスロ市場におけるシェアを回復。特に『青ドン』(約9万台)、『赤ドン』(約6万台)の両機種が好セールスを記録した。

 この他、持分法適用関連会社であるウィン・リゾーツ社が業績好調。持分法による投資利益として営業外収益64億6800万円が計上されている。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

コメントを残す