サミーの勝訴確定、知的特許訴訟に決着(更新日:2010/9/30)

セガサミーホールディングスは9月27日、特許権侵害における損害賠償請求訴訟で同社子会社のサミーの勝訴が確定したことを発表した。


ユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ)が今年3月に上告していたもので、最高裁判所が9月24日にユニバーサルE側の上告を棄却した。この訴訟は、サミー製パチスロ機「北斗の拳」がユニバーサルEの特許2件を侵害しているとして、平成17年12月に総額210億円の損害賠償をサミー側に求め提起。平成19年5月の1審、同22年3月の2審ともにユニバーサルEの請求をいずれも棄却していた。また最高裁への上告時からは、賠償請求額を1億円に変更する申立が行われていた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す