日本GCなどがオンライン賞品交換システム(更新日:2007/10/30)

日本ゲームカード、コモンウェルス・エンターテインメント(CWE)、リアリット(旧ドンキコム)、SANKYOパーラー事業部は10月24日、「アミューズメントショッピングエリア事業オンライン賞品交換システム」(略称・ASAOS)の説明記者会見を行った。ASAOSは大手ディスカウントストア、ドン.キホーテグループ系列店で販売されている商品と同じものを、オンラインシステムによりホールの賞品として提供。来店客の自宅まで無料で届ける在庫レス景品交換システムで、来店客は店内に設置された予約端末で交換したい賞品を選択すると同時に、配達先を登録。出力された賞品確認書を玉・メダルの計数シートとともに景品カウンターに提出する。そして、それを受けたホール側はPOS端末で減算処理した上で、賞品確認書を予約確定端末にかざして発注完了という流れになっている。システム機器の販売はSANKYOパーラー事業部、商品の供給はドン.キホーテグループの一員であるリアリット、システムの管理は日本GC、全体の企画プロデュースはCWEが担当。4社は「今のところホールのニーズに合わせて最大で約1300の商品アイテムを提供できるが、今後、さらに充実させる予定。一般景品の交換率10%突破を目指したい」と話している。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す