平川商事の「ナンバ ヒップス」が12月開業(更新日:2007/10/30)

平川商事(本社・大阪府八尾市、平川晴基社長)が大阪でもっともにぎやかな繁華街のひとつ、難波・千日前(大阪市)で建設を進めている複合レジャー施設「nanBa HIPS(ナンバ ヒップス)」が、今年12月にオープンする。地上12階、地下2階建てで、総事業費180億円。建物はほぼ完成しており、鋭く天空を切り裂くナイフのような形状と、壁面にうがたれた「!」マークをイメージした巨大な空間が通行人の度肝を抜いている。空間には日本初となるビル壁面設置型フリーフォール「ヤバフォ」を設置。全長60メートルを最高速度22メートル/秒で落下する。地下2階~地上2階は同社のパチンコホール「アロー」が入り、3~10階はゲームフロアやゴルフ&フィットネスフロア、エステフロア、飲食フロアなどの予定で、大阪・ミナミの新たなランドマークとなりそうだ。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す