エール第一弾はリアルフィギュア搭載(更新日:2007/08/28)

エール(本社・東京都中央区、黄本稔浩社長)は8月23日、ドラマ「電車男」のロケに使われた秋葉原のメイド喫茶「ぴなふぉあ」で、同社第一弾のホラーパチスロ「戦慄」のプレス説明会を開催。同機は、リール上部の回転体に「ドクロ」「洋館」「棺桶」のフィギュアを搭載。成立役に合わせてフィギュアが登場し、ゲームを盛り上げる。高野尚己取締役は「業界初のリアルフィギュアでプレーヤーに、視覚での楽しさを感じてもらえるはず」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す