全国の理事長40人が機械代下げ直訴(更新日:2007/08/07)

全日遊連(山田茂則理事長)は8月1日、全国の都府県遊協理事長による陳情団を組んで日工組(井置定男理事長)と日電協(里見治理事長)を訪問。遊技機価格引き下げに理解を求める要望書を直接提出するという、全日発足以来の行動に打って出た。今回の行動は7月19日の理事会で決議されたもので、当日は約40人の都府県方面理事長が集結。都内にある日工組、日電協の事務所を順に訪れ、「顧客離れを食い止めるには、業界全体で高コスト体質の改善に努める必要がある。それぞれの立場で何ができるのか、遊技機メーカー団体も前向きに検討してほしい」という内容の要望書を読み上げ、提出した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す