低単価パチンコを実データから検討(更新日:2007/07/31)

釘学校「C&Eアカデミー」を運営するオフィスジャパン(本社・東京都台東区、新井博貴社長)は7月25日、東京都台東区の「上野パークサイドホテル」で「低単価パチンコ経営戦略セミナー」を開いた。4店舗のデータを元に、貸し玉4円時から1円に移行した際の月ごとの変化などを説明した。同校の工藤秀司講師は、「60銭交換の店が比較的成功。しかも人気機種はST機。4円よりも1円のほうが釘を開けているホールもあり、徹底的に遊ばせる戦略が必要。安易な導入は失敗の元。コストや会員システムなど綿密な計画が重要」と語った。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す