昨年の遊技参加人口はピーク時の6割に(更新日:2007/07/31)

社会経済生産性本部が7月25日に発表した「レジャー白書2007」によると、昨年のパチンコ市場は27兆4550億円で、前年比4.5%の減少となった。参加人口も同3%減の1660万人で、ピークだった96年に比べると40%も減少したことがわかった。また、ヘビーユーザー偏重が一段と深刻化。年代別の参加率では、50代以上の参加率はかろうじて横ばいを維持しているものの、20代から40代の参加率は低下する一方で、業界で懸念されてきた若年層のパチンコ・パチスロ離れをあらためて裏付ける結果となっている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す