ダイナム中間決算、減収減益(更新日:2009/12/25)

遊技場経営大手のダイナムはこのほど、平成22年3月期の第2四半期決算(個別業績の概要)を発表。

売上高は4436億1100万円(前年同期比12・1%減)、営業利益は154億4900万円(同6・5%減)、経常利益は147億2500万円(同6・0%減)、純利益は79億7200万円となった。

9月末までの新規出店数11店舗(全て低貸玉営業店)で、総店舗数は313店となった。11店舗のうち10店舗は、「信頼の森」という新しい業態で展開している。売上高の減少は、低貸玉営業店舗の増加等によるものとしている。通期では、低貸玉営業を拡大することで前回に比べて売上高は減少するものの、経常利益はほぼ横ばいと見込んでいる。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す