全日とオーイズミが「常夏アロハ」を共同開発(更新日:2007/04/03)

全日遊連(山田茂則理事長)とオーイズミ(本社・神奈川県厚木市、大泉政治社長)の共同開発パチスロ機「常夏アロハ3」の市場導入が決定。現在、各都府県遊協で組合員からの注文取りまとめ作業を行っている。同機は以前から全日とオーイズミが市場導入の準備を進めていたもので、販売価格は予約限定19万8000円(税別)。ただし注文は1店舗2台以上からで、導入開始は5月中旬の予定。ゲーム性は完全告知タイプで、リール上部のサンライズランプが多彩な光り方をして期待感を刺激する。また、セパレート筐体なので、次機種以降は上部ユニットのみの入れ替えでよく、今回の予約購入店は次機種が液晶搭載機の場合19万8000円(税別)、液晶非搭載機の場合15万円(税別)で購入できる。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す