パトラッシュ後継機、「泣きの一回」を搭載(2008/04/25更新)

 SANKYOはこの度、パチンコ新機種『CRパトラッシュ2』を発表した。

 前作の『CRパトラッシュ』シリーズは、全大当たり後に約1/40の確変状態が70回続くというスペックと、ドット&パトランプによる演出が持ち味だったが、今回もこのゲーム性を継承。確変回数を71回転にアップさせ、71回転目には「泣きの一回」演出を用意した。

 演出的には前作同様、全大当たり後70回転までチャンスタイム(確変状態)となり、チャンスタイム終了後1回転目に「7・9・1」が停止すれば「泣きの一回チャンス」。内部的には71回転目も確変状態のため、この「泣きの一回チャンス」になれば、大当たり期待度は50%とアツい。

 ドットとパトランプは、いずれも巨大化し迫力もアップ。役物はダンプカーからプロペラ機に変更した。

 大当たりのラウンド振り分けは前作と同様。通常時の大当たり(ヘソ入賞時)は出玉無しの2R大当たりもあるが、確変中(電チュー入賞時)は必ず出玉ありの大当たりとなる。

 『パトラッシュ2-RED』のスペックは、大当たり確率1/399.6、確変時1/40.5。出玉は、BIG(14R)が約1300個、SMALL(2R出玉有)が約170個。

 『同-GREEN』は大当たり確率1/180.0、確変時1/43.4。ラウンドは、BIG(15R・10R・5R)とSMALL(2R/出玉有or無)があり、出玉は約1520個(15R)、約1010個(10R)、約500個(5R)と約190個(2R出玉有)。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

コメントを残す