コルモ、「ファイアービーク」を発表(更新日:2009/11/27)

コルモは11月25日、パチスロ新機種「ファイアービーク」を発表。

新機種の特徴は、内部の滞在モードによってART突入の期待度が変化するゲーム性を搭載した点だ。3種類あるモードの移行は、特定小役の抽選によって行われ、長く高確率状態に滞在するほどARTの突入頻度が増す仕組みになっている。内部の滞在モードは液晶演出で示唆し、稼動を引っ張る役目を果たしている。

ARTは、1ゲーム純増約1・5枚で、約40分の1の終了抽選を引くまで継続する。次回ボーナスまで継続するパターンもある。ボーナスの獲得枚数は、BBが純増約210枚、RBが同60枚となっている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

コメントを残す