エンビズ総研が「顧客カルテ型接客」を提案(更新日:2015/10/27)

エンビズ総研は10月20日、東京都千代田区の「アキバプラザ」で「Aclub10月セミナー」を開催。荒川陽平主任研究員が「顧客カルテ型接客で来店客数を増やす~顔認証システムの新たな可能性~」と題して講義した。顧客カルテとは、来店客一人ひとりの名前や性別、血液型、好きな遊技機、タバコの銘柄や、遊技の勝ち負けの結果、負けた時の反応などの情報を、病院のカルテのように管理し、全スタッフで共有できるようにしたもの。荒川主任研究員は、これを活用することで、「一人ひとり異なる顧客に異なる対応をし、深い関係性を築いていく。それにより、離反防止と、自店を含めた数店舗に足を運ぶ顧客の、自店を選んでくれる頻度が上がる、“顧客シェア”の向上が望める」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す