遊技機検定情報(10月26日東京都公安委員会告示第352号)

遊技機検定情報(10月26日東京都公安委員会告示第352号)(更新日:2015/10/27)

遊技機検定情報(10月26日東京都公安委員会告示第352号)サミー㈱「CR真北斗無双FWZ」「CRキャプテンハーロックEWJ」、㈱三洋物産「CRアニマルパラダイスZCB」「CRギンギラパラダイス3YME」、㈱サンスリー「CRクジラッキーYSA」、㈱ソフィア「CRAゴールドヴィーナスGLK」、山佐㈱「リノNGTCC」

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

京楽産業.が「ぱちスロAKB48」第2弾!

京楽産業.が「ぱちスロAKB48」第2弾!(更新日:2015/10/27)

京楽産業.はこのほど、「ぱちスロAKB48 バラの儀式」の販売を開始。人気シリーズの第2弾。「DD(誰でも大好き)スペック」と銘打ったA+ART機で、BBの約50%、RBの約33%でART「神曲RUSH」(純増約1.5枚/G)に突入する。筐体右部に搭載された「サプライズレバー」が特徴で、ボーナス告知などのさまざまな場面で活躍する。「初当たりが遠い高ベースAT機が増えている中、(本機は)ボーナスとART合成確率が設定1でも1/171.6と格段に軽く、幅広い層に訴求できる、まさに『誰でも大好きスペック』となっています」と広報担当者。ホール導入は11月2日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

西陣が「CR 春夏秋冬」の甘デジ発売

西陣が「CR 春夏秋冬」の甘デジ発売(更新日:2015/10/27)

西陣はこのほど、「CRA 甦りぱちんこ~春夏秋冬~GL」の販売を開始。8月に導入された同名パチンコの甘デジ版(リユースシステム「パチクリーン」対応)で、大当たり確率89.9分の1のST機。ST回数は10回で、大当たりのラウンド振り分けはヘソ・電チューともに16R確変が12%、6R確変が88%となっている。先行して導入されたライトミドルタイプ同様、「春夏秋冬」のほか、「春一番」「ファンキー7」「ハニーフラッシュ」の演出を自由に選択して、手軽に楽しめるのが最大の特徴。ホール導入は12月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

西陣が「CRベルサイユのばら」最新作

西陣が「CRベルサイユのばら」最新作(更新日:2015/10/27)

西陣は10月21日、東京都台東区の東京支店で「CRベルサイユのばら~遥かな時を超えて~」の内覧会を開催。フランス革命期を舞台とする少女漫画の金字塔とタイアップした、人気シリーズの第5弾。大当たり確率319.69分の1、確変突入率66%のミドルタイプ。ばらの花を模した「ばら役物」も進化。液晶上部から落下し、花びら部分が開くとともに、液晶両脇から飛び出す蔦ギミックがからまれば、大当たりが確定する。営業担当者は「ベルばらファン待望の3年ぶりの新作です。二つの新オリジナル曲を追加したことで、名曲『薔薇は美しく散る』を含む、全7曲の楽曲が楽しめるようになりました」とアピールした。大当たり確率199.8分の1のライトミドルタイプも同時発売。ホール導入は12月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

SANKYOが「フィーバーアクエリオンEVOL」販売開始

SANKYOが「フィーバーアクエリオンEVOL」販売開始(更新日:2015/10/27)

SANKYOはこのほど、「フィーバーアクエリオンEVOL」の販売を開始。人気アニメとタイアップした同社人気シリーズの第4弾で、大当たり確率319.7分の1の確変ループタイプ。出玉あり大当たりはすべて16R(1680個)、時短を含めた継続率は約70.8%となっている。同社営業担当者は「演出面は人気の高い初代アクエリオンを継承していますが、保留変化演出を廃し、シンプルで予備知識なしでも楽しめるゲーム性です。また、アクエリオンといえば『合体』ですが、本作では『合体』出現率を初代と比べ約2倍に引き上げており、液晶を覆い尽くす合体を一層楽しんでいただける仕上がりとなっています」と話した。大当たり確率245.5分の1スペックも同時発売。ホール導入は12月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

トリックスターズがドッジボール大会を支援

トリックスターズがドッジボール大会を支援(更新日:2015/10/27)

東京、神奈川、広島に「ヒノマル」の屋号で店舗展開するトリックスターズグループは10月25日、東京都墨田区の「墨田総合体育館」で開催された「2015首都圏対決ファイトボール『第5回ヒノマルカップ』」に特別協賛。同大会はNPO法人東京都ドッジボール協会が主管するドッジボール大会で、トリックスターズグループは、2011年から5年連続で同大会を支援している。日野加代子社長は開会式で「ケガのないよう、今までの練習の成果を発揮してほしい」と、出場60チームを激励した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ガイアが第10回ホスピタリティコンテスト

ガイアが第10回ホスピタリティコンテスト(更新日:2015/10/27)

ガイアは10月20日、東京都台東区の「浅草橋ヒューリックホール」で「第10回ホスピタリティコンテスト」の最終審査会を実施。スタッフの接客力の向上を目的としたコンテストで、全国173店舗の中から投票・推薦で選抜された社員11人、アルバイト11の計22人が競い合った。「ガイア、次なるステージに向けて、今私にできること」などをテーマとしたスピーチと接客の実演が行われ、アルバイト部門では「ガイア大町店」(福島県郡山市)の武藤彩未さんが、社員部門では「サイバーパチンコ麻溝台店」(神奈川県相模原市)の村瀬由紀主任が最優秀賞に輝いた。審査委員長を務めた営業本部の進藤太郎副本部長は、「審査にあたっては、演技力を重視した。演じるということ、等身大の自分以上のものを見せつけることは、今後の人生においても大切なことだと思う」と総評した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

東京の金賞品“脱等価”、ほぼ全店が店内告知

東京の金賞品“脱等価”、ほぼ全店が店内告知(更新日:2015/10/27)

都遊協(阿部恭久理事長)は10月22日、東京都中野区の「中野サンプラザ」で「平成27年度経営者研修会」を開催。約900人の都内ホール関係者が出席し、行政講話やセミナー、特別講演を受講した。阿部理事長は冒頭のあいさつで、11月2日までに都内約1000店舗が足並みをそろえて金賞品の提供価格の下限を引き上げる件に触れ、現時点でほぼ全店が告知ポスターを掲示していることを報告。行政講話では、警視庁風俗営業係の新井一実係長が都内の遊技機不正改造事案に言及。「昨年、一昨年と検挙事案がなかったが、今年は釘折れのまま営業に使っていた事案と、釘折れを勝手に修理して使っていた事案の2件発生している。経営者の方々は店舗管理者や従業員への指導を徹底してほしい」と述べた。また、賞品問題に関しても、店内で従業員が買取所の場所や休憩時間を教えて、行政処分を受けたホールがあるとして注意を促した。セミナーでは、ダイコク電機DK-SIS室の服部祐治常任講師が、損益分岐割数が10割の場合と11.2割の場合のホール営業の違いをレクチャー。人気タレント・島田洋七氏による「元気、勇気、やる気」と題した特別講演も行われた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket