「パチスロまつり2015」に1万1000人来場

「パチスロまつり2015」に1万1000人来場(更新日:2015/08/04)

日電協(佐野慎一理事長)と回胴遊商(伊豆正則理事長)は8月2日、東京都千代田区の「ベルサール秋葉原」で「パチスロまつり2015」を開催。両組合が2010年に8月4日を「パチスロの日」と制定して以来、東日本大震災が発生した2011年を除いて、毎年同時期に都内で催しているファンイベントで、今年は約1万1000人のファンが来場。同イベントのPR大使であるPSアンバサダー with S-Girls」のグラビアアイドル・森下悠里さん、多田あさみさん、橘花凛さんが同席する中、全国のホールのオリジナルキャラクター日本一が発表された「Pキャラグランプリ2015」や、パチンコ・パチスロアイドルユニットSIR(サンスポアイドルリポーター)のライブ、市場導入間近の機種も含めたパチスロ15機種32台の試打などを楽しんだ。来場者からは「新台が打てて良かった」「ライブも楽しかった。また、来たい」などの声が。グランドフィナーレでは、森下さんが再び登場。「こんなにたくさんの方々と盛り上がれて、幸せ一杯。ぜひ、来年も来てほしい」と満面の笑顔で締めくくった。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

機構の釘調査、「7月は6月より改善の兆し」

機構の釘調査、「7月は6月より改善の兆し」(更新日:2015/08/04)

健全化機構(五木田彬代表理事)は8月3日、今年6月1日から開始した遊技機性能調査について、6月と7月の調査概要を業界14団体と業界誌各社にリリース。検査員による客を装った覆面調査の結果、一般入賞口への入賞が確認されたパチンコ機は、6月が全国7都府県方面23店舗の32台中(台当たりの平均打ち出し球数3032個)、9台(全体の28.1%。入賞球数の内訳は1~3個が4台、4~6個が4台、7~9個が1台)だったのに対し、7月は25都府県方面76店舗の124台中(同2929個)、53台(同42.7%。入賞球数の内訳は1~3個が37台、4~6個が11台、7~9個が4台、10個以上が1台)だったことを報告した。この調査結果について、健全化機構では同文書で、保通協試験時からはほど遠い状態の遊技機が市場に設置されていると思われると指摘。「ただし、時系列的にみたとき、6月よりも7月の方が一般入賞口に入賞した遊技機の台数の割合が増加しており、一般入賞口への入賞球数も3000個の打ち出しに対して二桁に達した遊技機も確認されたことから、『市場においては改善の兆しが少しみられる状況になった』と判断した」と総括している。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ニューギンが慶次シリーズ最後のMAX機

ニューギンが慶次シリーズ最後のMAX機(更新日:2015/07/28)

ニューギンは7月23日、東京都台東区の東京支店ショールームで「CR義風堂々!! ~兼続と慶次~」の内覧会を開催。同機は大当たり確率約399分の1の確変ループタイプ。盤面右下に二つのチューリップ役物を配置しており、これにより、片や特図1抽選、片や特図2抽選という“2種類の時短付き確変”を実現。特図1の確変(特図1大当たりの49%)でループしながら、特図2の確変(特図1大当たりの33%)を狙う、業界初のランクアップシステムを可能にしている。確変突入率は82%。特図1大当たりの出玉は約540個、特図2は約2000個となっている。「潜伏確変や小当たりをなくしつつ、高ループ、高TYを実現した新システムになっています。平均TY約6200個は、従来のMAX機の中で最高峰。慶次シリーズ最後のMAX機として出玉性能に磨きをかけました」と営業担当者。ホール導入は9月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

三洋物産がライフセービング大会に協賛

三洋物産がライフセービング大会に協賛(更新日:2015/07/28)

三洋物産が特別協賛する「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2015」が7月19・20日、宮崎県宮崎市の「青島ビーチ」で開催され、オーストラリアチームが優勝。日本代表は総合3位に輝いた。同大会は日本におけるライフセービング競技唯一の国際大会で、今年で8回目。ニュージーランドや台湾など、六つの国と地域に日本代表ユースを加えた7チームが参加し、ビーチフラッグスやボードレースなど、9種目で熱戦を展開した。同社・盧昇専務は「『海』にちなんだ商品を出しているメーカーとして、ライフセービングの支援を続けてきました。ライフセービングの認知度が上がり、少しでも海辺の事故防止に役立てば幸いです」とコメント。6代目ミスマリンちゃんも応援に駆け付け、大会に華を添えた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ニューギンが「Buy! TOHOKU」で福島支援

ニューギンが「Buy! TOHOKU」で福島支援(更新日:2015/07/28)

ニューギンは、同社が協賛する東日本大震災復興支援プロジェクト「Buy! TOHOKU」で、福島県いわき市の「環境水族館アクアマリンふくしま」と同県伊達市の「山吉青果食品」とコラボすることになり、7月22日に、同水族館と山吉青果食品の生産工場のプレス見学会を開催。「Buy! TOHOKU」は、仙台商工会議所青年部有志を中心に発足した被災企業商品の販売・仲介などを行うプロジェクト。同社が協賛するのは、6回目。今回は、8月から実施予定の新機種「パチスロ花の慶次~戦極めし傾奇者の宴~」の内覧会などで、同水族館のオリジナルポストカードと、山吉青果食品が作る飲むこんにゃくゼリーの詰め合わせ1万セットをホール関係者らに配布する。見学会で山吉青果食品の佐藤定好社長は「約8年前から、(のどに詰まらせる)事故のないように工夫して作り始めたのが、この“飲むこんにゃくゼリー”です。『これを作っているのは福島なんだな』と思っていただければ」と話していた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

京楽が今年もナイター楽天戦を協賛

京楽が今年もナイター楽天戦を協賛(更新日:2015/07/28)

京楽産業.は7月25日、仙台市の「楽天Koboスタジアム宮城」で開催されたプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスのホームゲーム(VS千葉ロッテマリーンズ)を「KYORAKU モアサプライズ!! ナイター」として協賛。同ナイターは、社会貢献活動の一環として、2009年から実施されているもので、今年で7回目。当日はKYORAKUぱちんこ応援団・ゼブラエンジェルのメンバーでSKE48の竹内舞さんが始球式を務め、球場を盛り上げた。また、球場敷地内のイベントスペースには、竹内さんのほか、お笑いコンビのバンビーノが登場。楽天選手のサイン入りユニフォームなどがもらえるじゃんけん大会などで、来場者を楽しませていた。なお、試合は4対7で千葉ロッテマリーンズが勝利した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

SANKYOのマクロス祭りに6000人

SANKYOのマクロス祭りに6000人(更新日:2015/07/28)

SANKYOは7月26日、東京都千代田区の「ベルサール秋葉原」で「パチンコ フィーバー マクロスフロンティア2 発売記念イベント『マクロス祭りの夏』」を開催。約6000人のファンが集まった。会場にはランウェイ(花道)が設営され、同機に登場するキャラクターの衣装を着たコスプレーヤーによるファッションショーやカラオケ大会を実施。また、試打コーナーには50台の試打機が用意され、訪れたファンを楽しませた。参加した30代の男性ファンは、「マクロスフロンティアのファンでパチンコもパチスロも全部プレーしています。新機種がホールに導入されるのが待ち遠しいです」と話していた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

全日・阿部理事長、現行機規制策に理解求める

全日・阿部理事長、現行機規制策に理解求める(更新日:2015/07/28)

全日遊連(阿部恭久理事長)は7月22日、東京都港区の「第一ホテル東京」で理事会を開催。阿部理事長は冒頭、パチンコは今年11月から、パチスロは同12月から新基準機しか市場導入されなくなることに伴い、それに該当しない遊技機を段階的に少なくする自主規制案を6月24日の臨時理事会で決議したことについて感謝した。しかし、同施策では中古機流通に規制をかけておらず、認定についても今年3月31日までに検定を取得(東京都公安委員会基準)した遊技機は規制の対象外となっているため、他団体から異論が出ている。そのことについて理事会後の会見で質問されると、阿部理事長は、他団体にも今回の決議内容は報告済みだが、直接異論は寄せられていないと答弁。「中古機流通については、全日傘下には中古機中心に営業している店舗がたくさんいるので、規制をかけなかった。一方、認定は(法令で)認められた制度だし、すべての現行機をよしとしたわけでもない」と説明した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

大都が「CR押忍!ど根性ガエル」

大都が「CR押忍!ど根性ガエル」(更新日:2015/07/28)

大都技研は7月23日、東京都中央区の本社で「CR押忍!ど根性ガエル」のプレス試打会を開催。人気パチスロ「押忍! 番長」と往年の人気アニメ「ど根性ガエル」のキャラたちが登場する、MAXタイプのV確ST機。ST「ど根性RUSH」突入率が約55%、継続率が約85%、ST中大当たりの77.7%が約2000個となっている。販促担当者は「もともと『番長』のパチンコ化の話があったのですが、番長ファンとパチンコファンの年齢層が違うという課題がありました。そこで企画したのがこのコラボ。根性や男気をモチーフに、番長を知らない40~50代のファンにも楽しめる作品に仕上がっています」と話した。ホール導入は10月上旬から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

機構、6・7月の釘調査結果を8月初旬に発表

機構、6・7月の釘調査結果を8月初旬に発表(更新日:2015/07/28)

健全化機構(五木田彬代表理事)は7月22日、業界誌各社に同14日付で開催した理事会の開催結果をリリース。6月1日から新たに開始した遊技機性能調査(検査員が客を装ってパチンコの釘の覆面調査をする)の状況について検討した結果、はっきりとした改善の兆しが見受けられないことから、9月に予定していた情報開示を早め、6・7月分の遊技機性能調査の結果概要を8月初旬に社員団体である業界14団体、および業界誌に提供することを伝えた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket