ガイアが第10回ホスピタリティコンテスト

ガイアが第10回ホスピタリティコンテスト(更新日:2015/10/27)

ガイアは10月20日、東京都台東区の「浅草橋ヒューリックホール」で「第10回ホスピタリティコンテスト」の最終審査会を実施。スタッフの接客力の向上を目的としたコンテストで、全国173店舗の中から投票・推薦で選抜された社員11人、アルバイト11の計22人が競い合った。「ガイア、次なるステージに向けて、今私にできること」などをテーマとしたスピーチと接客の実演が行われ、アルバイト部門では「ガイア大町店」(福島県郡山市)の武藤彩未さんが、社員部門では「サイバーパチンコ麻溝台店」(神奈川県相模原市)の村瀬由紀主任が最優秀賞に輝いた。審査委員長を務めた営業本部の進藤太郎副本部長は、「審査にあたっては、演技力を重視した。演じるということ、等身大の自分以上のものを見せつけることは、今後の人生においても大切なことだと思う」と総評した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

東京の金賞品“脱等価”、ほぼ全店が店内告知

東京の金賞品“脱等価”、ほぼ全店が店内告知(更新日:2015/10/27)

都遊協(阿部恭久理事長)は10月22日、東京都中野区の「中野サンプラザ」で「平成27年度経営者研修会」を開催。約900人の都内ホール関係者が出席し、行政講話やセミナー、特別講演を受講した。阿部理事長は冒頭のあいさつで、11月2日までに都内約1000店舗が足並みをそろえて金賞品の提供価格の下限を引き上げる件に触れ、現時点でほぼ全店が告知ポスターを掲示していることを報告。行政講話では、警視庁風俗営業係の新井一実係長が都内の遊技機不正改造事案に言及。「昨年、一昨年と検挙事案がなかったが、今年は釘折れのまま営業に使っていた事案と、釘折れを勝手に修理して使っていた事案の2件発生している。経営者の方々は店舗管理者や従業員への指導を徹底してほしい」と述べた。また、賞品問題に関しても、店内で従業員が買取所の場所や休憩時間を教えて、行政処分を受けたホールがあるとして注意を促した。セミナーでは、ダイコク電機DK-SIS室の服部祐治常任講師が、損益分岐割数が10割の場合と11.2割の場合のホール営業の違いをレクチャー。人気タレント・島田洋七氏による「元気、勇気、やる気」と題した特別講演も行われた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

遊技機検定情報(10月19日東京都公安委員会告示第349号)

遊技機検定情報(10月19日東京都公安委員会告示第349号)(更新日:2015/10/20)

㈱大一商会「CR天才バカボン5」、㈱EXCITE「CRテイルズオブデスティニーM-KE」「CRテイルズオブデスティニーH-KE1」「CRセンゴクSR4-KE2」「CRセンゴクN2-KE2」、㈱三共「CRフィーバーアクエリオンEVOL R」「CRフィーバーアクエリオンEVOL S」、㈱ジェイビー「CRサンダードラゴンZⅢ」「CRJ-RUSH3 MHJ」、㈱サンセイアールアンドディ「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~RR」、㈱三洋物産「CRスーパー海物語INジャパンMTD」、㈱ソフィア「CRベルサイユのばら 遙かな時を超えて FA」「CRベルサイユのばら 遙かな時を超えて M」「CRゴールドヴィーナスMBK」、㈱タイヨー「南海花浪漫-30」

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

京楽産業.が直営店でリニューアルイベント

京楽産業.が直営店でリニューアルイベント(更新日:2015/10/20)

京楽産業.は10月15日、名古屋市の直営店「サンシャインKYORAKU栄店」と「サンシャインKYORAKU南店」を増台してリニューアルオープン。それに伴い、栄店でカウントダウンイベントを開催した。店舗外の多目的スペースに特設ステージが作られ、ゲストとして同社の「必殺仕事人」シリーズに登場する組紐屋の竜を演じた俳優の京本政樹氏、SKE48のメンバーで結成された、ぱちんこ応援ユニット「ゼブラエンジェル」、サンシャインKYORAKUのイメージキャラクターのゼブラ子さんが出演。ゼブラ子さんは「リニューアルされたサンシャインKYORAKUを楽しんでください」とPRした。また、当日は全国に先駆けて「ぱちんこ仮面ライダー フルスロットル」が「サンシャインKYORAKU」各店に導入された。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

新宿地下道にアクエリオンの巨大音ゲー登場

新宿地下道にアクエリオンの巨大音ゲー登場(更新日:2015/10/20)

SANKYOは10月12~18日まで、東京都新宿区の「新宿駅メトロプロムナード」で、「禁断合体オトゲリオン」を開催。この催しは、「CRフィーバーアクエリオンEVOL」の発表と、アニメシリーズ放映10周年を記念して実施されたもの。駅地下通路の壁面に、同機に登場するロボット「アクエリオンEVOL」の顔を模した巨大音楽ゲーム「禁断合体オトゲリオン」(H2.15×W14.56m)を設置。実機内で使用される楽曲に合わせて、ロボットの六つの目を手で押していくゲームとなっており、訪れたファンのみならず通行する一般客の注目も集めた。広報担当者は、「アニメ放映10周年を盛り上げるにあたり、シリーズ1作目の発売当時一世を風靡したアクエリオンの名曲を、ファンの皆さまに印象的にお届けする仕掛けとして実施しました」とコメントしている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

「仮面ライダーフルスロットル」ミーティングに168人

「仮面ライダーフルスロットル」ミーティングに168人(更新日:2015/10/20)

京楽産業.は10月10・11日、東京・名古屋・大阪・札幌・金沢・福岡の同社各支店で「ぱちんこ仮面ライダーフルスロットル」の導入を記念したプレミアムファンミーティングを開催。6会場で計168人のファンが参加した。ミーティングには、ユウキロック氏、天津の向清太朗氏らよしもと芸人、助六氏、ヒラヤマンさんら人気ライターが出演。広報スタッフやライターによる機種解説、ファンによる試打会が行われた。試打後の宴会では、「ぱちんこ仮面ライダーフルスロットル特製ケーキ」が振る舞われ、お土産として、オリジナル食器を詰め合わせた「たぬ吉GIFT SET」も手渡された。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

サミーが鬼武者シリーズ最新作発表

サミーが鬼武者シリーズ最新作発表(更新日:2015/10/20)

サミーは10月9日、東京都台東区の東京支店ショールームで「パチスロ鬼武者3 時空天翔」の展示会を開催。5号機初期に一時代を築いた「パチスロ新鬼武者」の正統後継機が、ゲーム数上乗せ特化型のAT機(純増約2.5枚/G、1セット50G+α)として登場。注目は三つの上乗せゾーン。40~100G継続する高確率誘発バトル「ガルガントバトル」、継続するたびに上乗せする「信長降臨」、出玉を増やしながら上乗せG数を獲得する「覚醒バトル」(1セット16G、平均10連)はインパクト抜群だ。広報担当者は、「出玉、ゲーム性ともに『パチスロ新鬼武者』をしのぐシステムを搭載しています。鬼武者シリーズならではの、ゲーム性を楽しんでほしいですね」と話した。ホール導入は11月16日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

大一商会が「CR天才バカボン」シリーズ最新作

大一商会が「CR天才バカボン」シリーズ最新作(更新日:2015/10/20)

大一商会は10月15日、東京都目黒区の「恵比寿ガーデンルーム」で「CR天才バカボン ~V!V!バカボット!~」のプレス発表会を開催。「CR天才バカボン」シリーズ第5弾となる本機はV確STタイプで、大当たり確率約319分の1と同約199分の1の2スペックを用意した。Daiichiグループ営業本部の藤井美宏本部長は同機の魅力として、「原作アニメでは見ることができない(描き下ろしの)天才バカボンワールドが楽しめる」「勝ち率、引き戻し率にこだわった」「シンプルかつ奥深い演出となっている」の3点をアピール。「当社は(常に)並々ならぬ思いで本シリーズの機械作りを行っていますが、本機もホール、プレーヤー双方に満足していただける1台に仕上がりました」と自信を示した。また、人気お笑い芸人のじゅんいちダビッドソン氏とグラビアアイドルの葉月あやさんがゲストで登場し、発表会を盛り上げた。ホール導入は12月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

「海IN JAPAN」&7代目マリンちゃんお披露目!

「海IN JAPAN」&7代目マリンちゃんお披露目!(更新日:2015/10/20)

三洋物産は10月15日、東京都中央区の「日本橋三洋グループビル」で「CRスーパー海物語IN JAPAN新機種発表会&7代目ミスマリンちゃんお披露目会」を開催。同機は、新内規に対応した「海」の最新作で、大当たり確率1/319.6分の1、同1/239.1の2スペックを用意した。盧昇専務は「コンプライアンス上の課題をクリアすべく、さまざまな角度から配慮した設計となっています。大海、沖縄とならぶもう一つのメーンブランドとするべく、諸問題に正面から向き合い、未来を切り開く『海』として、弊社が総力挙げて開発した王道の製品です」とアピールした。続いて、7代目ミスマリンちゃんの栗咲寛子さん、茜音さん、高嶋香帆さんが登場。栗咲さんは「7代目は7というラッキーな数字なので、ラッキーをたくさんお届けできるよう、頑張っていきます!」と抱負を述べた。ホール導入は12月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

大阪府遊協、ひったくり撲滅キャンペーン開始

大阪府遊協、ひったくり撲滅キャンペーン開始(更新日:2015/10/20)

大阪府遊協(平川容志理事長)は10月9日、大阪府吹田市の「吹田駅前サンクス広場」を皮切りに、恒例の「車上狙い・ひったくり撲滅キャンペーン」をスタート。組合員らがキャンペーン隊を組織し、自転車の前カゴに付けてひったくり被害を防ぐ「ひったくり防止カバー」を無料配布するもの。キャンペーンは同19日まで、府内8会場で実施。1会場につき、同カバー500枚を配布する。同14日に大阪市東淀川区の「関西スーパー瑞光店」で行われたキャンペーンには、同組合東淀川支部の岩本正幸支部長、東淀川警察署の1日署長を務めたタレントのタージンさんも参加。岩本支部長は「街頭犯罪を少しでも減少させようと思い頑張ってきた。防犯カメラ設置も合わせ、安心安全な町づくりに寄与したい」と話した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket