ヤーマ、魅力が異なる2タイプの「TRAD」発表

ヤーマ、魅力が異なる2タイプの「TRAD」発表(更新日:2015/01/20)

ヤーマは1月16日、東京都台東区の「ベルコ・ヤーマ上野ショールーム」で「TRAD」「TRAD480」のプレス発表会を開催。完全告知のAタイプで、赤パネルの「TRAD」は、初当たりの軽さが魅力(設定1で合算確率159.1分の1)。BBは純増約312枚、RBは同約104枚。一方、黒パネルの「~480」はRB、BBに加え、同約416枚のSBBを搭載する。荒川誠治取締役営業部長は「“定番の赤パネル”と、大胆に出玉性能をアップさせた“挑戦の黒パネル”。液晶や凝ったギミックは搭載していませんが、その分、低価格で提供でき、ホールさまには安心して設定投入してもらえる機械に仕上がっています」とPRした。ホール導入は3月9日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

SNKが「パチスロコブラ」発売

SNKが「パチスロコブラ」発売(更新日:2015/01/20)

SNKプレイモアは1月14日、東京都台東区の東京営業所ショールームで「パチスロコブラ」の内覧会を開催。人気SFアクション漫画「コブラ」とのタイアップ機で、ボーナスとART(純増約1.6枚/G)で出玉を獲得するタイプ。主人公のコブラが左腕に仕込んでいる銃、サイコガンのエネルギーを「溜めて打つ」というモチーフを活用しており、ART突入のチャンスゾーン「サイコガンチャンス」(10G)では、小役をそろえればそろえるほど、サイコガンのエネルギーが溜まり、ART獲得期待度がアップする。「コブラは年齢層が高めの方に有名なので、そういう方にも興味をもっていただけたら」と営業担当者。ホール導入は3月16日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

KTS、「戦国コレクション2」を発表

KTS、「戦国コレクション2」を発表(更新日:2015/01/20)

KPE・高砂販売は1月6日、東京都港区の「東京ミッドタウン」でKPE製「戦国コレクション2」の新機種発表会を開催。コナミの人気ソーシャルゲームとタイアップした「戦国コレクション」の続編で、純増約3枚/GのAT機。木曽原和之社長は「2015年は多様性、幅のある商品群を提案していきたい」とあいさつ。機種説明を行った広報担当の根岸一隆氏は「(1セット10Gの)上乗せ特化ゾーン『二つのコレクション』で、巨大役物が盛大に歌います。ぜひ二人の美声に酔いしれていただきたい」とアピールした。ホール導入は3月2日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ニューギンが「CR大奥~繚乱の花戦~」発表

ニューギンが「CR大奥~繚乱の花戦~」発表(更新日:2015/01/20)

ニューギンは1月16日、東京都台東区の東京支店ショールームで新機種「CR大奥~繚乱の花戦~」の内覧会を開催。2010年に発売した「CR川島なお美の大奥百花繚乱」の後継機で、大当たり確率は299.25分の1。今回は若手人気女優の井上和香さんが、春日局役で登場する。前作で女同士のビンタがさく裂する「ビンタリーチ」が好評だったことから、ボタンを連打するプレーヤー参加型のビンタリーチを追加搭載。営業マンは「特に女性ファンにアピールしてほしい」と話した。ホール導入は3月2日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

SANKYOが「CRフィーバーパワフル」を発表

SANKYOが「CRフィーバーパワフル」を発表(更新日:2015/01/20)

SANKYOは1月5日、東京都台東区の東京支店ショールームで「CRフィーバーパワフル」の展示を開始。累計販売台数100万台以上を記録した「フィーバーパワフル」シリーズの最新作で、大当たり確率99.9分の1のST機。液晶上のドラムのリーチライン数が多いほど、大当たりした際のラウンド数が多くなる仕組みを新搭載している。営業担当者は「シリーズ初の甘デジスペックです。昔を知っている年配層に気軽に打ってほしい」と話していた。ホール導入は2月23日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

サミーが「CRハクション大魔王」新作発表

サミーが「CRハクション大魔王」新作発表(更新日:2015/01/20)

サミーは1月15日、東京都台東区の東京支店ショールームで「ぱちんこCRハクション大魔王」の内覧会を開催。同機は幅広い世代に人気のアニメとのタイアップ機で、好評を得た「CRガオガオキング」に続くドラムぱちんこ第2弾。大当たり確率199.8分の1のライトミドルと同99.9分の1の甘デジの2スペックで登場する。営業マンは「プレーヤーに支持の高い大当たり後100%突入STを採用し、分かりやすく楽しめるマシンです。前作『CRガオガオキング』で好評を得た3リール抜きのドデカ図柄も継承し、チャンスを示唆する第4リールを新搭載しています」とPR。ホール導入は3月2日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

SANKYOがパチンコ版「ガンダム」新作を発表

SANKYOがパチンコ版「ガンダム」新作を発表(更新日:2015/01/20)

SANKYOは1月16日、東京都文京区の「東京ドームシティプリズムホール」で「フィーバー機動戦士ガンダム-V作戦発動-」のプレス発表会を開催。大人気ロボットアニメとのタイアップ第2弾で、大当たり確率199.8分の1のライトミドルタイプで登場する。当日は、富山一郎営業本部長と東郷裕二商品本部長があいさつ。富山営業本部長は、「現在、ホールでのユーザーの体感は1勝9敗。これでは来店回数も減少します。3勝7敗、4勝6敗となることが必要で、それを実現するために、このガンダムを発表しました」と述べた。ゲストとして、原作のシャア役の声優・池田秀一さんとテーマソングを担当したラッパーのSEAMOさんが登場。発表会を盛り上げた。ホール導入は3月2日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

大鳥、金馬車らに東京地裁が保全管理命令

大鳥、金馬車らに東京地裁が保全管理命令(更新日:2015/01/20)

水戸市に本社を置く元ホール企業・大鳥(旧商号・金馬車、高濱正敏社長)、および同社の関連会社の関東大鳥(旧商号・関東金馬車、社長・同)に対し、東京地裁は昨年12月26日、会社更生法に基づく保全管理命令を発令。大鳥からの会社分割で設立されたホール企業の金馬車(本社・茨城県日立市、岡村諭社長)も同日、同地裁から同命令を受けた。帝国データバンクが同12月27日、ホームページで公表したもの。大鳥は、「金馬車」の屋号で茨城県を中心に17店舗展開していたが、会社分割で設立した金馬車にホール営業を承継。水戸地裁に民事再生法の適用を申請し、9月3日に再生手続き開始決定を受けていた。しかし、債権者との折衝がうまくいかず、一部金融債権者から10月8日に会社更生法適用を申し立てられていたという。会社更生法による再建は裁判所の監督の下で再建が進められる。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ニラクが香港証券取引所に上場申請

ニラクが香港証券取引所に上場申請(更新日:2015/01/20)

東北・関東に56店舗を展開するニラクを傘下に置くニラク・ジー・シー・ホールディングスは昨年12月29日、香港証券取引所に上場申請書を提出。同証券取引所のホームページにおいて、同12月30日付で公表された。申請書には業界の説明や同社の事業実績、今後の展望などを記載。また、上場で調達する資金は、2017年3月までに出店する予定の5店舗の準備などに使うことが記されている。なお、同証券取引所に上場申請したホールは、2002年8月6日に上場したダイナムジャパンホールディングスに次いで2社目。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

中国遊商新年会で松原理事長が団結呼びかける

中国遊商新年会で松原理事長が団結呼びかける(更新日:2015/01/20)

中国遊商(松原陽輔理事長)は1月9日、広島市の「ホテルグランヴィア広島」で平成27年新年互礼会を開催。松原理事長は「厳しい状況は本年も続くと予想され、業界全体で危機意識を共有し、ともにこの局面を打破しなければならない」と呼びかけた。また、ゲストとして、中国の伝統楽器・二胡の奏者で医学博士の 姜暁艶さんが登場。平和への願いを込めた楽曲「ボレロ ヒロシマ」など8曲を披露した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket