キャラホビ2013にSANKYOが出展

キャラホビ2013にSANKYOが出展(更新日:2013/09/03)

日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「キャラホビ2013」が8月31日・9月1日、千葉市の「幕張メッセ」で開催。SANKYO(本社・東京都渋谷区、筒井公久社長)が出展した。同社ブースでは、「フィーバー機動戦士ガンダム」(2台)、新機種の「フィーバースレイヤーズREVOLUTION」(2台)の実機などを展示。円形ブースを囲むように設置された巨大スクリーン(高さ2.4m×幅15m)には、実機搭載のCG映像などが上映され、来場者の注目を集めた。担当者は「パチンコの映像が進化していることも見ていただけたと思います。キャラクター好きのファンにパチンコに触れてもらうキッカケになれば」と話していた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

パイオニアが「クイーンハナハナ-30」を発表

パイオニアが「クイーンハナハナ-30」を発表(更新日:2013/09/03)

パイオニア(本社・大阪府東大阪市、野口三次社長)は8月29日、東京都台東区の東京営業所ショールームで「クイーンハナハナ-30」の内覧会を開催。上部パネルに「クリスタルティアラ」、ストップボタンに透過性のある「クリスタルボタン」を搭載。「ハイビスカスランプの点滅パターンも増え、告知演出はシリーズ最多。規定G数内にボーナスを引けば懐かしいプレミアムサウンドを聞くこともできます」と営業マン。ホール導入は10月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

スパイキーが「巨人の星」シリーズ最新作をリリース

スパイキーが「巨人の星」シリーズ最新作をリリース(更新日:2013/09/03)

スパイキー(本社・東京都千代田区、菅沼正典社長)はこのほど、「猛虎花形」を発表。漫画「巨人の星」とタイアップしたシリーズ最新作で、2種類の擬似ボーナスを搭載したAT(純増2.8枚/G、1セット50G+α)機。AT中はレア役で高確移行・G数上乗せ・擬似ボーナス・上乗せ特化ゾーン移行を同時抽選。通常時は規定G数の消化、もしくはレア役がボーナスやAT突入の契機となるほか、シリーズお約束の「リプ連」演出も継承。リプレイが連続成立するほどチャンスゾーンやATへの突入期待度が向上する。ホール導入は10月下旬から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

北電子が「テイルズ オブ デスティニー」を発表

北電子が「テイルズ オブ デスティニー」を発表(更新日:2013/09/03)

北電子(本社・東京都豊島区、小林友也社長)は8月27日、東京都文京区の「プリズムホール」でパチスロ「テイルズ オブ デスティニー」プレス発表会を開催。人気ゲームがモチーフで、純増約2.2枚/Gの擬似ボーナスで出玉を増やすタイプ。専用筐体「デスティニー」を採用しており、上下左右4方向を識別し、選んだ方向によってゲーム性を変化させる「スタートレバー」や、ボーナスのストック数を示唆する「運命のルーレット」役物など、斬新な機能を搭載。レジャー産業営業本部の渡辺経男本部長は「コンテンツの開発、販売元であるバンダイナムコゲームスさまとの協業のもと、並々ならぬ意気込みで開発を進めてきました。ゲームのテーマでもある“運命”を自ら決めていくスリル感を堪能してほしい」とあいさつ。ゲームのテーマソングを手がけた「DEEN」が本機にも使われている新曲「Future」、代表曲「このまま君だけを奪い去りたい」などを熱唱した。ホール導入は11月18日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

エースが「CR押忍!!空手部 激闘編」を発売

エースが「CR押忍!!空手部 激闘編」を発売(更新日:2013/09/03)

エース電研(本社・東京都台東区、秋田光勇社長)はこのほど、「CR押忍!!空手部 激闘編」をリリース。人気漫画がモチーフで、大当たり確率387.79分の1と同278.88分の1の2タイプを用意した。通常遊技中、約20回転に一度の割合で、「激」「爆」などの文字を映し出す役物「激リング」が発動し、計21ある特殊ゾーンのいずれかに突入。期待感を刺激する。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

三洋が「沖海3」甘デジ版と「CRアタックNo.1」

三洋が「沖海3」甘デジ版と「CRアタックNo.1」(更新日:2013/09/03)

三洋物産(本社・名古屋市、金沢要求社長)は8月28日、東京都港区の「新高輪プリンスホテル 国際館パミール」で、「CRAスーパー海物語 IN 沖縄3遊パチ」と「CRアタックNo.1」の発表会を開催。同社が提供するBS朝日「笑パチバトル~遊々 東京めんそーれ物語~」(9月8日放送予定)の公開収録も兼ねたもので、事前の募集で集まった約200人の一般ファンにも両機の概要がアピールされた。「CRAスーパー海物語 IN 沖縄3遊パチ」は市場で稼働中の「CR スーパー海物語 IN 沖縄3HME」の甘デジ版。発表会には、今回実写でデビューする“ミスワリン”こと、砂川英依さんのほか、お笑い芸人のTKO、響、弾丸ジャッキーらが登場。砂川さんが「実写を楽しみにしてください」と呼びかけた。砂川さんとともに同機に登場する“ミスウリンちゃん”こと、桃瀬美咲さんもVTR出演し、PR。一方、「CRアタックNo.1」は人気バレーボール漫画がモチーフで、大当たり確率249.186分の1。ホール導入は「CRAスーパー海物語 IN 沖縄3遊パチ」が10月7日、「CRアタックNo.1」が同21日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

サミーが「ぱちんこ蒼天の拳」と「化物語」

サミーが「ぱちんこ蒼天の拳」と「化物語」(更新日:2013/09/03)

サミー(本社・東京都豊島区、青木茂社長)は8月29日、東京都台東区の東京支店ショールームで「ぱちんこCR蒼天の拳」と「パチスロ化物語」の内覧会を開催。「CR蒼天の拳」は北斗シリーズ初のMAXST機。「CR北斗の拳5覇者」に初搭載され、大当たり消化時のこぼれ玉をなくすとして支持された「ゼロアタッカー」を採用。「化物語」は高純増(約2.7枚/G)低単価の“遊べるAT機”。初当たり確率が軽い設計で、営業マンは「ちょくちょく当たるので、客滞率が高くなるはず。長期稼働を狙えるスペックです。リールの変則停止やボタンが震えるプッシュバイブにも注目してほしい」と話した。ホール導入は両機とも10月7日から。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

マルハンのアスリート支援、5選手が決定

マルハンのアスリート支援、5選手が決定(更新日:2013/09/03)

マルハン(本社・東京都千代田区、韓裕社長)は8月28日、東京都目黒区の「ウェスティンホテル東京」で「第3回マルハンWorld Challengers」最終選考公開オーディションを開催。これは、世界に挑むマイナー競技のアスリートを対象に競技資金を提供し、その挑戦をバックアップするもので、協賛金の総額は1000万円。270人の応募者の中から最終選考に進んだ11人(10組)が、これまでの実績や今後の目標を元横綱の貴乃花光司さんら、7人の審査員の前でプレゼンテーション。審査員、および来場者の投票の結果、5人の支援対象者が決定した。1位に輝いたのは、2チーム(各7人)が相対し、フライングディスクをパスによって運んでゴールを競い合うアルティメットの池治ちあきさん。協賛金200万円を獲得した。表彰式で韓社長は、「それぞれのアスリートたちが置かれている環境、そして熱い思いを共有することができました。強い情熱を持ち続け、目標を実現してほしい」とエールを送った。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

神奈川県遊協が第12回ファン感のスペシャルライブ

神奈川県遊協が第12回ファン感のスペシャルライブ(更新日:2013/09/03)

神奈川県遊協(伊坂重憲理事長)は8月25日、横浜市の「横浜にぎわい座」で、「第12回かながわパチンコフェスタ2013」のWチャンス神遊協賞特別企画「クラシックとお笑いのミラクルパフォーマンス神遊協スペシャルジョイントライブ」を開催。6月に行ったファン感謝デーの一環で、当選者176組704人を神奈川フィルハーモニー管弦楽団とよしもと新喜劇のコラボイベントに招待した。伊坂理事長は「今日は大いに楽しんでください」と述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

日遊協が第1回次世代会議開催、45人が参加

日遊協が第1回次世代会議開催、45人が参加(更新日:2013/09/03)

日遊協(庄司孝輝会長)は8月27日、東京都千代田区の「グランドアーク半蔵門」で第1回「次世代経営者会議」を開催。同会議は次代を担う若手経営者・幹部が結束し、日遊協および会員企業の組織基盤をより強固にしていくことが目的。西村拓郎東京都・関東支部長(日拓ホーム社長)がリーダーを、韓裕副会長(マルハン社長)が担当副会長を務めている。今回はホールやメーカーなどの経営者・幹部45人が参加。深谷友尋前会長(現・相談役)が基調講演したほか、早稲田大学ビジネススクール・早稲田大学大学院商学研究科の永井猛教授が「あなたの会社のマーケティング・経営戦略の再点検」と題して講演。西村支部長は「業界横断的に集まることができるのは、日遊協ならではの強み。成果が楽しみ」と話していた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket