日電協が宮城の野球少年をプロ野球に招待

日電協が宮城の野球少年をプロ野球に招待(更新日:2012/05/02)

日電協(里見治理事長)は4月28日、宮城県仙台市の「クリネックススタジアム宮城」で開催されたプロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルスVS北海道日本ハムファイターズ」戦に、地元の少年野球チームの子どもたちを招待した。東日本大震災による被災者支援の一環で、招待されたのは同県石巻市の6チームと名取市の2チームの野球少年150人、引率者50人。日電協からは10人が現地に赴き、楽天オリジナルグッズなどを子どもらに直接手渡した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

変更届等に関する規制緩和要望書の提出間近

変更届等に関する規制緩和要望書の提出間近(更新日:2012/05/02)

全日遊連(原田實理事長)は4月25日、東京都港区の「第一ホテル東京」で理事会を開催。ホール5団体の連名で警察庁に提出する「遊技機等における解釈運用基準の見直しについて」と題する要望書の内容を協議し、これを了承した。同要望書は、ホール5団体風営法検討会で議論を重ねてきたもので、「遊技機の変更届出を要する事項の縮減」「申請に添付する書類の簡素化」「不正対策部品の取り付け」「その他解釈運用基準の運用の一部簡素化」の4項目で構成。警察庁には当該5団体すべての機関決定を経た後、提出される予定となっている。理事会後の会見では、日工組側から「エコ遊技機(封入式遊技機)」の公式説明をしたい旨、申し入れがあったことを公表。5月11日に、ほかのホール団体も同席の下で説明を受けることを明らかにした。また、全日遊連は4月27日、都府県方面遊協に文書を発出。貯玉・再プレー手数料の徴収と遊技ポイントの付与を速やかにやめるよう、再度注意を促した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

Android版「モバ7」の提供を開始

Android版「モバ7」の提供を開始(2012/02/01更新)

 モバイルを中心としたエンターテインメントコンテンツを手掛けるバタフライ(東京都新宿区・北村勝利社長)は1月30日、ディー・エヌ・エーが運営するAndroid搭載端末向けの「Mobage(モバゲー)」にパチンコ・パチスロ総合ポータルサイト『モバ7』の提供を開始した。

 『モバ7』は2009年11月のサービス開始以来、携帯電話向け「Mobage」内で唯一のパチンコ・パチスロ総合ポートタルサイトとして多くの利用者を獲得してきた。今回はAndroid版のサービスが開始されたことに伴い、これまでオンライン仮想ホールで遊技していた実機シミュレーションのデータをAndroid搭載のスマートフォンにも引き継ぐことができる。

 また、Android版ではサービス開始と同時に、ベルコとユビテクノより提供を受けたパチスロ「スーパービンゴ」の実機シミュレーションアプリを配信。高精細なゲーム画面と実機に近い操作性で楽しめるほか、所得モバドルや経験値等を携帯電話版から引き継いでプレイできる。

(C)BELLCO

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

アミュゼクスがマシーンと戦略セミナー

アミュゼクスがマシーンと戦略セミナー(更新日:2012/04/24)

アミュゼクスアライアンス(本社・東京都渋谷区、田守順代表)は4月17日、東京都港区の「三田NNホール」でマシーンと戦略セミナーを開催。矢野経済研究所の高橋羊研究員が2011年度の出店トレンドを解説した。高橋研究員は「昨年は震災の影響もあり、全国ホールの新規出店数は218店舗。5号機ショックの2007年(228店舗)を下回ったが、エリア別にみると、関東と近畿は堅調で二極集中している」と報告。経営企業別でも、大手の出店数は鈍化しているものの、関西企業の出店は加速していると述べた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

ネクソン、オリジナルパチンコアプリを配信

ネクソン、オリジナルパチンコアプリを配信(2012/02/01更新)

 オンラインゲームの配信を行うネクソン(東京都中央区・崔承祐社長)は1月31日、PC向けオンラインパチンコ・パチスロゲーム『NEXON777』(ネクソンスリーセブン)にて、オリジナルパチンコとなる『ハクション大魔王 解き放て!!壺の掟!!』のアプリ配信を開始した。

 同アプリは、竜の子プロダクションの「ハクション大魔王」を原作とするオリジナルパチンコ。リアルな画面とリーチアクション、オリジナルならではのスペックを楽しめる。

 また、このパチンコアプリの配信を記念して2月1日から2月8日まで王冠獲得イベントを開催。期間中に対象機種にて王冠を手に入れると、限定アバターやゲーム内で使用できるアイテムなど、ゲームをより楽しめるアイテムやイベント景品が後日配布される。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

PBSのセミナーにPOKKA吉田氏

PBSのセミナーにPOKKA吉田氏(更新日:2012/04/24)

PBS(パーラーバックアップシステム、本社・東京都台東区、峯梅次郎社長)は4月20日、東京都中央区の「東京八重洲ホール」でセミナーを開催。講師として登壇し、今年の市場動向を展望したフリーライターのPOKKA吉田氏は、4月から適用された日工組の新内規に言及。パチンコに関して、総量規制8600個以下の場合、電サポ中の電チュー賞球数が1個まで可能となったことに触れ、「ライトミドルや甘デジの開発自由度が上昇し、新たなゲーム性が生まれる可能性が高まった。ただ、新たなトレンドとなるかどうかはメーカー次第」とした。一方、パチスロは「近年中に解釈基準がより厳格化する恐れがある」とし、注意を促した。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

宮城県遊協、取引契約書に暴力団排除条項を要請

宮城県遊協、取引契約書に暴力団排除条項を要請(2012/01/31更新)

 宮城県遊技業協同組合(竹田隆理事長)は1月30日、昨年中にすべての都道府県で施行された暴力団排除条例(宮城県は昨年4月1日施行)に関連して、組合員ホールに対して、取引先との契約に「暴力団排除条項」を盛り込むよう協力を求めていく方針を決議した。

 これは取引企業に対し、暴力団とつながりのないことを表明する「表明確約」の提出を求め、取引相手に万が一にも暴力団との関係が明らかになった場合は、すみやかに契約を解除できる排除条項を盛り込むもの。今後宮城県遊協では、組合員ホールに理解と協力を求めるとともに、書式等の検討を進め、完成を待って組合員ホールに送付する予定だ。

 暴力団排除条例は事業者に対して、暴力団への利益供与や、暴力団からの利益受供与を禁止するもの。これに違反すると公安委員会から勧告が出され、勧告にしたがわない場合は、その事実を公表する措置がとられる。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ホール向上委員会でのぞみ事務所・日野氏らが講演

ホール向上委員会でのぞみ事務所・日野氏らが講演(更新日:2012/04/24)

ぱ未研ホール向上委員会(平澤黎哲代表)は4月19日、東京都文京区の「全国家電会館」でセミナーを開催。のぞみ合同事務所の行政書士・日野孝次朗氏が講師として登場し、同13日に警察庁が発出した「貯玉・再プレーの利用に伴う手数料」と「来店ポイントの付与」に関する通知に言及。貯玉・再プレーについて「保管した玉やメダルから手数料として玉やメダルを差し引くことが、換金を前提とした行為に当たるとしたもので、貯玉・再プレーそのものを禁止するものではない」と解説。来店ポイントに関しては、「ポイント累積数に応じて、著しく高価な財物等を景品として提供することが、著しく射幸心をそそるおそれのある営業方法に該当するというもの。どの程度ならいいのかが、今後の議論の争点だと思う」とした。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

全日遊連がファン感「Wチャンス賞」抽選会を開催

全日遊連がファン感「Wチャンス賞」抽選会を開催(2012/01/30更新)

 全日本遊技事業協同組合連合会(原田實理事長)は1月27日、都内港区のフィッシュバンク東京にて「第21回パチンコ・パチスロファン感謝デー」の「ダブルチャンス賞」抽選会を開催した

 「ダブルチャンス賞」とは、昨年11月18日から3日間にわたって開催された「第21回パチンコ・パチスロファン感謝デー」において、「ダブルチャンス賞応募ハガキ進呈」と記載された抽選カードを引き当てた人を対象に、応募者の中から抽選で豪華賞品が当選するというもの。当選本数はファン感謝デーセット181セットにつき1本。今回はスペシャルコース「吉幾三とのひとときを過ごす東北3県名湯の旅・3泊4日ペア」(18本)のほか、人気家電コース・世界遺産コース・1年分の幸せコース(11コースから好きな賞品を1点・112本)など、全国で合計130本が当選することとなり、住所不明ハガキなどを除いた回収ハガキ枚数2万8384通(回収率41.2%)の中から、都道府県ごとに予め決められた当選本数分(補欠本数分を含む)の抽選が行われた。

 抽選に先立ち挨拶に立った全日遊連の岩下博明事業委員長は「多くのファンの皆さんに喜んで頂けるような賞品を長期間にわたり検討した結果、高額商品を提供できるダブルチャンス賞を計画することができた」と述べ、本年度は「第22回パチンコ・パチスロファン感謝デー」として11月16日から3日間の開催予定であることを報告。続いて、岩下委員長をはじめ、青松英和副理事長ほか、各委員と幹事商社の社員が応募ハガキを抽選し、当選者を決定した。また、抽選会では、世界各地で活動中のパフォーマー・Chiki(チキ)さんによる水晶を使用したパフォーマンスなども披露された。

 なお、当選者の発表は全日遊連のホームページで2月中旬から2月末まで行う予定(氏名の発表を希望しない当選者については賞品の発送をもって発表にかえる)。賞品の発送は2月下旬より順次発送される。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

エース電研と協賛企業18社が最新機器を展示

エース電研と協賛企業18社が最新機器を展示(更新日:2012/04/24)

エース電研(本社・東京都台東区、秋田光勇社長)は4月19日、大阪市の「ホテルモントレグラスミア大阪」で最新設備機器展「アクションエース2012 in大阪」を開催。約300人のホール関係者が来場した。紙幣搬送装置「ビルストリーム」やエアーカーテン「エアーブライト」などを設置した同社をはじめ、オムロンアミューズメント、大一電機産業、日恵製作所など、協賛企業18社が出展。それぞれの商品をアピールした。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket