セガサミーが取締役などを選任

セガサミーが取締役などを選任(更新日:2012/6/20)

セガサミーホールディングスは、6月19日の定時株主総会後の取締役会において、代表取締役、役付取締役、執行役員を選任した。就任は同日付。下記の通り。

【取締役および監査役】
■代表取締役会長兼社長/里見治
■代表取締役副社長/中山圭史
■取締役/鶴見尚也(新任)
■取締役 兼 CCO/小口久雄
■取締役/里見治紀(新任)
■取締役/岩永裕二
■取締役/夏野剛
■常勤監査役/嘉指富雄
■監査役/平川壽男
■監査役/宮崎尚
■監査役/榎本峰夫

【執行役員】
■上席執行役員 管理部長/吉澤秀男
■上席執行役員 政策・渉外担当/深澤恒一
■執行役員 グループ内部統制室長 兼 グループCSR推進室長 兼 内部監査室長/池田哲司
■執行役員 グループ代表室長 兼 グループコミュニケーション室長/新谷省二
■執行役員 政策・渉外担当/秋庭孝俊
■執行役員 政策・渉外担当/堀健一郎

遊技通信

LINEで送る
Pocket

三洋が「ギンパラ2」の5回セットタイプを発表

三洋が「ギンパラ2」の5回セットタイプを発表(更新日:2010/08/31)

三洋物産(本社・名古屋市、金沢要求社長)は8月26日、東京都台東区の東京支社ショールームで、「CRギンギラパラダイス2パワーバージョン」の内覧会を行った。現在稼働中の「ギンパラ2」が1種・2種混合のループタイプであるのに対し、1種・2種混合のセットタイプで、大当たり確率308.5分の1。初回大当たり(出玉約2000個)の50%で「ビッグチャレンジ」に突入すれば、あと5回の大当たりが約束される。「ビッグチャレンジ」中の大当たりは13R(同約1600個)か2R(同約130個)。大当たり確率97.3分の1の遊パチタイプも。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

福井県遊協総会、店舗数減少等を背景に組織再考を示唆

福井県遊協総会、店舗数減少等を背景に組織再考を示唆(更新日:2012/6/20)

福井県遊技業協同組合は6月14日、福井市内のユアーズホテルフクイにおいて通常総会を開催した。加藤英彦理事長は挨拶などで構成員数の減少などによる厳しい組合の実情を明かすとともに、「組合の在り方から真剣に考えなくてはならない時期にきている。組合は『無くてはならないもの』だが、今後どうするのかをプロジェクトチームを立ち上げて検討していきたい」とするなど、専門チームによる踏み込んだ議論を進めて対応を進めていきたい意向を示した。

総会では、23年度事業報告・収支、24年度事業計画・予算案など5項目の議案を可決承認。

来賓挨拶を行った福井県警本部生活安全部の辻崎俊徳部長は県内の治安情勢に言及するとともに、組合に対して「広告宣伝の適正化」「適切な賞品提供」「遊技機不正改造の絶無」の3点を要請し、特に賞品提供に関しては「等価交換規制については当然に一物一価であるが、全国的に一物二価、二物二価など不適切な賞品提供が見受けられる状況がある。例外規定がないことを今一度認識してもらい、組合として適切な提供を促進してもらいたい」とするなど、厳格な取り組みを促した。

総会ではこの他に、福井新聞社が主催する「しあわせ基金」への寄付金贈呈式、組合規定に基づいて選出された優良社員8名に対する表彰状の授与などが行われた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

大一が「CRトムとジェリー」のプレス発表会

大一が「CRトムとジェリー」のプレス発表会(更新日:2010/08/31)

大一商会(本社・愛知県北名古屋市、市原高明社長)は8月24日、東京都千代田区の「秋葉原UDX」で「CRトムとジェリー」のプレス発表会を開催した。人気コメディアニメとのタイアップ機で、大当たり確率約239分の1のライトミドル。「CRスーパーマン・リターンズ」に続く“速すぎるパチンコ”第2弾で、確変中、大当たりラウンド中の消化が非常にスピーディー。また、同時にパチスロ「ワニワニパニック」も発表。人気アーケードゲームとタイアップしたAタイプマシンとなっている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

スパイキーが新生第1弾『月面兎兵器ミーナ』発表

スパイキーが新生第1弾『月面兎兵器ミーナ』発表(2010/10/12更新)

 スパイキー(武田俊彦社長)では10月7日、品川プリンスホテルにおいてパチスロ新機種『月面兎兵器ミーナ』のプレス発表会を開催した。同社は06年に日電協に加盟したパチスロメーカーで、今年3月にアリストクラート社傘下へ移行、同機は新生スパイキー第1弾として発表されたもの。

 プレス発表会でははじめにアリストクラートテクノロジーズの吉松俊男社長が「スパイキー社とは、今年3月に弊社グループの一員として合意した。当社の開発6チームのうち2チームをスパイキーの開発チームに移行するとともに、生産面では当社工場(栃木県日光市)の隣接地にスパイキーの工場を移転させ生産体制も万全となった」と述べ、販売体制についてはフィールズ社の協力を得て展開することを明らかにした。

 スパイキーの武田社長は「アリスト社の全面的支援により、技術開発面で進歩したと実感している。既にレベルの高い数機種を並行して開発中であり、年間2〜3機種を販売できる体制が整った。『月面兎兵器ミーナ』は幅広いプレイヤーに支持され、期待と驚き、楽しさを伝えられるゲーム性。ミーナの発売を機に楽しさと感動を与えることにチャレンジしていきたい」と挨拶した。

 新機種『月面兎兵器ミーナ』は07年にフジテレビ系列で放映されたTVアニメとのタイアップ機で1セット50ゲームのART「汁実タイム」と無限ART「汁実ラッシュ」(いずれも1ゲームあたり純増1.1枚)を搭載したART機。

 「汁実タイム」は通常時の強チェリー、ベル3連、BB中の7揃いなどが突入のチャンスとなっており、「汁実ラッシュ」は「汁実タイム」中のベル5連からの昇格で確定するほか、BB中の黒7揃いなどが突入のチャンス。またラッシュ突入後、50ゲーム以内にボーナス当選でループが確定するため、突入後即ボーナスとなった時のガッカリ感を解消しているのが特長。

 納品は11月14日よりスタートする予定。

(C)ラビットフォース

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

西陣が「CR豪血寺一族」発表

西陣が「CR豪血寺一族」発表(更新日:2010/08/31)

西陣(本社・東京都千代田区、井置定男社長)は8月20日、東京都千代田区の「秋葉原UDXシアター」で「CR豪血寺一族」のプレス発表会を開催。同機は、1993年にアーケードゲームとしてリリースされ、家庭用ゲーム用としてもシリーズ化された大人気格闘ゲームがモチーフ。本ゲームから派生したユーロビート動画「レッツゴー!陰陽師」は、人気動画サイト「ニコニコ動画」で500万回再生を記録。本機にも同曲のパチンコバージョンが収録されており、小森孝夫営業統括本部長は「ニコニコ動画で7月9日より、配信していますが、すでに23万回再生を超えている」と述べた。ゲストには「レッツゴー!陰陽師」を作曲したゲームサウンドクリエーター・でんちゅうさんと声優の徳留しづかさんが陰陽師と巫女の衣装を身につけて登場。「レッツゴー!陰陽師」のパチンコバージョンを歌いあげ、会場を盛り上げた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

アサヒディードが大和川清掃活動

アサヒディードが大和川清掃活動(更新日:2010/08/31)

関西の有力ホール企業・アサヒディード(本社・大阪市、板倉行央社長)は7月19日、大阪福祉防犯協会(高智茂会長)が主催する「大和川クリーンアップキャンペーン」に参加し、大阪市と堺市の間を流れる1級河川・大和川の下流付近で清掃活動を行った。同キャンペーンは、全国の河川でも水質汚染が著しいとされる大和川に、「きれいな水と魚を呼び戻したい」との思いから毎年実施されているもので、同社からは約50人が参加。「今後とも環境保全を目的とした、緑化推進活動に積極的に参加していきたい」と話していた。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

認証協が役員選任

認証協が役員選任(2010/10/12更新)

 一般社団法人電子認証システム協議会は9月27日開催の定時社員総会並びに理事会において、下記の通り役員を選任、それぞれ就任した。

【役員】(敬称略)
代表理事
 下口二郎
副代表理事
 木原海龍
専務理事
 広瀬 清(新任)
理事
 酒井昌弥
 〃
 上池 忠
 〃
 吉村泰彦
 〃
 川上 豊(新任)
監事
 原田 實

なお、川口昌則代表理事は退任し、相談役に就任した。

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

ABCが第14回静岡県CMグランプリで優秀賞

ABCが第14回静岡県CMグランプリで優秀賞(更新日:2010/08/31)

静岡県を中心に店舗展開する大手ホール企業ABC(本社・静岡市、冨田直樹社長)は8月5日、静岡県広告協会主催の「第14回静岡県CMグランプリ」テレビ部門で優秀賞を受賞した。受賞したのは同社が今年1月から春まで放映していたCM「楽しさは数で決まる 舞妓篇・関取篇・指揮者篇・重量挙げ篇」の4作品で、「人が集まると楽しいことが起こる。楽しいから人が集まる」というコンセプトを、それぞれ5人の舞妓・関取・指揮者・重量挙げ選手が独特の動きで表現した内容が評価された。同社の同賞受賞は初。現在は同じコンセプトで、フレーズを「楽しさに、いっしょうけんめい」に変えた4作品が好評放映されている。

プレイグラフ

LINEで送る
Pocket

藤商事が「CR桃太郎侍~怒~」のプレス発表会

藤商事が「CR桃太郎侍~怒~」のプレス発表会(更新日:2012/6/19)

藤商事は6月15日、都内上野の東京支店で「CR桃太郎侍~怒~」のプレス発表会を開催した。
 
09年登場の初代機に続く、高橋英樹主演の時代劇「桃太郎侍」とのタイアップ第2弾。電チュー賞球2個の新内規対応での登場となった。
 
今作では東映の全面協力を得て実現した、オリジナルストーリーによる完全撮り下しムービー演出を搭載。キャストには高橋英樹のほか、田中要次、山田まりや、麻美ゆまら豪華俳優陣を迎えた。また、新たに劇画アレンジのキャラクターを加えるなど、分かりやすい時代劇の良さを継承しながらも、演出バリエーションの拡大を図った。
 
シリーズ機は大当り確率1/387、確変突入率75%のMAXタイプ「FPF」、大当り確率1/278、確変突入率70%のミドルタイプ「FPL」の2機種を用意した。
 
プレス発表会には同社のプロモーションガール「FUJI★7GIRLs」が花魁姿で登場しフォトセッションを開催するなど新機種をアピールした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket