日電協と回胴遊商が、震災の復興支援活動を綴った冊子とDVDを制作

日電協と回胴遊商が、震災の復興支援活動を綴った冊子とDVDを制作(更新日:2012/1/31)

日電協と回胴遊商はこのほど、被災地での復興支援活動を綴った冊子と、「東北に響く復興への歌声」と題した活動記録DVDを作成した。
 
冊子には、4月に両組合の加盟社が義援金総額5億6000万円を寄贈したことに始まり、5月には被災地に「シャワーコンテナ」を派遣、6月には宮城県石巻市で炊き出し支援を行ったことなどの活動記録が多くの写真と共に掲載されている。
 
またDVDには、日電協の里見治理事長、回胴遊商の伊豆正則理事長のインタビューを交え、昨年末にかけて開催された仮設住宅対抗カラオケ歌合戦の模様が中心に収録されている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(1月30日)

東京都公安委員会検定通過状況(1月30日)(更新日:2012/1/31)

CR新・子連れ狼3〜NewLoneWolf〜、ぱちんこ、高尾
CR天才バカボン4、ぱちんこ、大一商会
CRミッションインポッシブルNL-F、ぱちんこ、大一商会
CR宇宙をかける少女QT、ぱちんこ、奥村遊機
CR宇宙をかける少女STW、ぱちんこ、奥村遊機
CR双影FF、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
CR大海物語2MTB、ぱちんこ、三洋物産
CRロードスターセカンドランMTB、ぱちんこ、三洋物産
CRロードスターセカンドランMTD、ぱちんこ、三洋物産
CRロードスターセカンドランLTE、ぱちんこ、三洋物産
CR黄門ちゃま寿H0AZ、ぱちんこ、平和
CRデビルマンレディーFPL、ぱちんこ、藤商事
CRデビルマンレディーFPS、ぱちんこ、藤商事
CRRAVE FPF、ぱちんこ、藤商事
CRA柳生一族の陰謀N5-KJ、ぱちんこ、ニューギン
CRA柳生一族の陰謀N5-KXJ、ぱちんこ、ニューギン
CRくるくるぱちんこダルマッシュL2-K、ぱちんこ、ニューギン
CRくるくるぱちんこダルマッシュL2-KX、ぱちんこ、ニューギン
天誅DeadlyBlow-Z、回胴式、ニューギン
ヱヴァンゲリヲン・生命の鼓動R、回胴式、ビスティ

遊技通信

LINEで送る
Pocket

業界14団体が新年の賀詞交歓会

業界14団体が新年の賀詞交歓会(更新日:2012/1/30)

業界14団体が集う新年交歓会、「パチンコ・パチスロ産業賀詞交歓会」が1月27日、都内港区の第一ホテル東京で行われた。会場には主要団体の代表、警察庁生活安全局保安課の加藤達也課長、玉川達也課長補佐、リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表ら、大勢の業界関係者が臨席した。

会の冒頭に出席者を代表して挨拶を行った全日遊連の原田貢理事長は、昨年を振り返る際、まず東日本大震災について言及し被災者の苦難に触れるとともに、復興に対して業界団体が団結して支援に動いたことについて謝意を示した。さらにのめり込みやリサイクルなどの問題にも業界全体で積極的に取り組む姿勢を明らかにしながら、大衆娯楽としての発展に向けて努力していきたいなどと語った。

日工組の石橋保彦副理事長は「天変地異には備えるだけしかできないが、今、業界に吹いているアゲインストの風は自然現象ではない。叡智を集めて健全営業を進めていく」などと業界健全化に向けて強い決意を表明。一方、日電協の里見治理事長は、昨年の業況について「前々年度、前年度からみれば販売台数ものび、お客さんにも喜んでもらえている」と手応えを口にしながらも「しかしちょっと行き過ぎなところもなくはないのかな、というようなことも考えている」と言及し、改めて健全娯楽の推進を強調した。

来賓挨拶を行った警察庁生活安全局保安課の加藤達也課長はその中で、不正機問題やのめり込み問題など健全化を阻害する要因を挙げながらも、1円パチンコ拡大や低射幸性遊技機の開発などの方向性、遊技産業健全化推進機構、リカバリーサポートネットワークへの支援、駐車場の幼児放置事故の防止対策などの取り組みを評価し、健全な大衆娯楽への努力を続けてほしいなどとした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

川越達也プロデュース第4弾は「チョコクランチ」

川越達也プロデュース第4弾は「チョコクランチ」(2012/01/27更新)

端玉景品に価値を!でお馴染みの(株)OHフードは川越達也プロデュースのプレミアム端玉景品第4弾『プレミアムチョコクランチ』を冬季限定で2月2日から発売開始する。

現在販売中の第1弾チョコレートウエハース、第2弾エスプレッソクッキー、第3弾として昨年11月にはウエハースにバニラ、ストロベリー味を追加したが、今回はこれらに次ぐシリーズ第4弾。ウエハース3種アソートの累計販売は20万個を超す。2月には好評のチョコレートウエハースのパッケージを刷新して登場させる予定。なお、『プレミアムチョコクランチ』は現在予約受け付け中だ。

また昨年末には、既存の“特製”“辛口”の叙々苑焼肉ライスバーガーに加え、新たに“焼肉+カレー味”を市場投入。さらなる拡販を狙う。同時に採用店舗向けに冷凍保存の便宜をはかるべく、ライスバーガー用の冷凍ストッカーのレンタルシステムも開始した。

株式会社OHフード

グリーンべると

LINEで送る
Pocket

平和が黄門ちゃまの最新作を発表

平和が黄門ちゃまの最新作を発表(更新日:2012/1/27)

平和は1月25日、都内上野の東京支店で「CR黄門ちゃま寿 助けて黄門ちゃま!いやまじで…(汗)」の展示会を開催した。
 
黄門ちゃまシリーズの最新作となる同機は初当りを含めて4回のリミッターを搭載したのが最大の特徴。初当り時は10Rの緑図柄揃いが大当りの中心になるが、初当り後の右打ち消化時には5Rの「REGボーナス」と15Rの「BIGボーナス」のどちらか。初当りで10Rの出玉を確保したうえで、残り3回の大当りでいかにBIGボーナスを引き当てるかが勝敗を分けるゲーム性となっている。
 
リミット到達後には100回転の時短に突入するが、この間に大当りを引き戻すと大当り4回が確定するだけに、通常の機種より時短中の引き戻しが大きな意味を持つ。
 
シリーズ機は大当り確率1/309.1の「HOAZ」と、大当り確率1/99.9の「9AW」の2タイプ。後者の大当りは5Ror10R。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

パチンコホール経営業者の倒産、件数・負債総額とも大幅減

パチンコホール経営業者の倒産、件数・負債総額とも大幅減(更新日:2012/1/27)

帝国データバンクによると、2011年のパチンコホール経営業者の倒産(負債額1000万円以上、法的整理のみ)は、前年より6件減った22件だったことが明らかになった。2009年以降、これで3年連続の前年比減で、過去10年でピークとなった2007年と2008年の72件と比べ、3分の1以下になった。全業種と比較してもパチンコホール経営業者の倒産の減少率は大きく、月別倒産件数では、7月に7件発生したものの、12ヵ月中10ヵ月は倒産件数2件以下で推移。4月と9月はゼロだった。

一方の負債総額は49億400万円で、こちらは4年連続で前年比減。過去10年で最小の負債総額で、ピークとなった2007年の1722億6200万円と比較すると97.2%の大幅減になっている。年間を通じて大型倒産が発生せず、昨年で最も大きかった倒産は、2002年に解散し、昨年1月に破産した高木商事(東京都)の21億8700万円だった。同社以外の倒産は負債10億円未満。

こうした結果を受けて帝国データバンクでは、「明らかに全業種とは違ったトレンドを辿っている」として、その背景をレポート。財務的に脆弱であった業者は06年から08年にかけて倒産、もしくは廃業しており、パチンコホール経営業者の淘汰はすでに一巡。現在も営業している業者は、07年の「ダイエーショック」と呼ばれた金融機関、リース会社の与信縮小に耐え、パチスロ5号機問題を乗り越えた業者だとしている。

また、原発トラブルに端を発する電力不足問題に伴う輪番休業が中小ホールにはプラスに働いたとしているほか、年間購入遊技機台数の減少や震災に伴う広告の自主規制、そして当局の指導で射幸心を煽るとされる広告が出せなくなったことで、広告宣伝費が総じて抑えらるなど、全体に出費を控える傾向が強まっており、これが資金繰り破綻の少ない要因とみている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ダイコク電機が社長交代人事を発表

ダイコク電機が社長交代人事を発表(更新日:2012/1/27)

ダイコク電機は1月23日、現・栢森秀行 副社長を代表取締役社長とする社長交代人事を発表した。栢森秀行氏は昭和43年8月13日生。京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻博士前期課程修了。平成12年6月、同社代表取締役専務就任、平成17年4月から代表取締役副社長。

現・代表取締役社長の栢森雅勝氏は、代表権のある会長に就任する。4月1日付。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

都遊協 防災対策マニュアル作成へ

都遊協 防災対策マニュアル作成へ(更新日:2012/1/27)

東京都遊協は1月24日の理事会で、緊急時対応マニュアルを見据えたホールにおける防災対策の検討を開始したことを報告した。昨年11月の理事会で出席理事から提案があったことを受け、総務委員会が検討を進めているもの。

報告によると、都遊協の総務委員会では現在、都の震災対策条例に基づく事業所防災計画、都の防災対応指針や帰宅困難者対策などを調査。それらを踏まえた上で、風適法に関連する課題として、営業時間外に営業所内に客や通行人を入れたり、営業時間の内外を問わず、客や通行人に食料等を提供することに問題があるかどうかを精査するという。

総務委員会では今後、東京消防庁、都の中小企業団体中央会、さらには防災の専門家などの協力を得ながら、ホール営業に伴う防災対策をとりまとめていく方針。また、あらかじめ都遊協全体で、営業自粛やネオンの消灯等の自主規制を策定する必要があるかどうかの検討も行っていくという。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

SANKYOが福本氏原作漫画の最新作モチーフのパチンコを発表

SANKYOが福本氏原作漫画の最新作モチーフのパチンコを発表(更新日:2012/1/25)

SANKYOは1月24日、都内上野の東京支店でパチンコ新機種「CR フィーバー覇王伝 零」の展示会を開催した。
 
カイジシリーズをはじめ、多くの作品がパチンコ、パチスロ化されている福本伸行原作の同名漫画がモチーフ。原作は週刊少年マガジンにおいて「ギャン鬼編」が連載中で、福本作品の最新作となる。

スペックは大当り確率1/399.6、確変突入率86%、確変はST100回転の回数切りという仕様。ST突入時の継続率が92%と高く、勝利で継続確定となるバトルと合わせて、福本作品の特徴である緊迫感を再現した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

藤商事が「CR RAVEエンドレスバトル」を発表

藤商事が「CR RAVEエンドレスバトル」を発表(更新日:2012/1/24)

藤商事は1月20日、都内上野の東京支店でパチンコ新機種「CR RAVEエンドレスバトル」のプレス発表会を開催した。

新機種は99年から05年に週刊少年マガジンで連載され、コミックの累計販売が1800万部という人気漫画「RAVE」がモチーフ。確変モード中のバトルでは、バトル突入前の予告に仲間が出現すると、勝率が上昇するほか、バトルシナリオが変化する「絆バトル」を搭載し、友情がテーマの一つとなる原作の世界観をゲーム性に取り込んだ。原作のタイトルにもなっている5つの聖石・レイブを模した役物によるギミックも見所となっている。

大当り確率1/381、確変突入率77%のMAXタイプ「FPF」1スペックでの発表となった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket