新潟市遊技場組合が恒例の老人パチンコ大会を開催

新潟市遊技場組合が恒例の老人パチンコ大会を開催(更新日:2011/11/10)

新潟市遊技場組合主催の「老人ホーム慰問ふれ愛パチンコ大会」が11月4日に市内の老人福祉施設「有明ハイツ」で行われ、施設入居者60名以上が参加した。

この取り組みは、市遊技場組合が社会貢献事業として市内の2施設を毎年交互に慰問するもので、昭和55年から毎年開催されており、今年で32回目を迎える。大会は、施設に6台の遊技機(羽根物)を持ち込み、一人3分間の遊技で出玉数に応じて表彰するという内容。競技中は、青年部員が玉補給や計数作業を担当したほか、遊技方法が分からない参加者には専門スタッフとしてストロークを調整するなど、普段あまり接することのないパチンコ遊技を丁寧にサポートした。

またパチンコ大会終了後には、アトラクションとして木田松栄次社中による津軽三味線と民謡の演奏も行われ、こちらも参加者全員が楽しんだ。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

PTBが評価基準改訂を発表

PTBが評価基準改訂を発表(更新日:2011/11/10)

ホール企業を第三者機関の立場で監視・調査する「パチンコ・トラスティ・ボード」(PTB)はこのほど、同機関の活動概要をまとめた冊子「PTB Quarterly Report」を発表した。

今年8月に続く第二弾のレポートで、今回は10月12日の評価委員会で改訂した評価基準項目の掲載および2007年に発表していた「PTB会計基準」の見直し項目等が盛り込まれた。評価基準の見直しでは、従来の10分野112項目から10分野99項目へ改訂し、全項目を2ページにわたって掲載した。「企業を取り巻く環境変化に柔軟に対応するため」「過去の調査経験を通じた課題を的確にフィードバックすることによって実効性の高い評価基準へと改善」を改訂目的として挙げ、会計基準はリース会計基準の改正や税制改正を踏まえ、J-SOX法や国際会計基準、株式公開を中心とした見直しを報告している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket