ガイア、9月は東電・東北電管内で42%の節電

ガイア、9月は東電・東北電管内で42%の節電(更新日:2011/10/28)

ホール経営大手のガイアはこのほど、9月の電気使用量について、東京電力・東北電力管内店舗で合計41.9%、チェーン店全店舗合計で37.2%の電力削減を果たしたと発表した(削減率は前年同月比)。

同社は、経済産業省電力需給緊急対策本部より発表された東京電力・東北電力・九州電力の供給エリアにおける需要抑制目標15%削減に対応するため、東京電力・東北電力・九州電力管内店舗で合計30.3%の電力削減を目標に、節電対策を進めてきた。7月においては東電・東北電管内店舗で合計39.3%、チェーン店全店合計で33.2%、8月についても東電・東北電管内店舗で合計41.0%、チェーン店全店合計で35.0%の削減を達成している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

セガサミー野球部が都市対抗野球大会に出場

セガサミー野球部が都市対抗野球大会に出場(更新日:2011/10/25)

セガサミーグループの野球部が、10月22日から京セラドーム大阪で開催された「第82回都市対抗野球大会」に東京都代表として2009年大会以来2年ぶりに出場した。

大阪府代表のNTT西日本と1回戦を行った23日には、多数の業界関係者が球場に足を運び、声援を送った。また試合中は、「獣王」や「北斗の拳」など、サミーのパチスロ機に搭載されたBGMを応援歌にアレンジした曲を中心にブラスバンドが伴奏。大勢のセガサミー応援団で埋まった三塁側スタンドは、チアガールや応援団のかけ声とともに盛り上がりを見せた。

里見治会長兼社長の始球式ではじまった試合は、最近調子を上げてきたというルーキーの左腕、大山暁史投手が先発。再三訪れたピンチをしのぎながら援護を待ったが、相手ピッチャーの好投の前に打線が沈黙。試合は0対3で敗れ、2年ぶりとなる本大会勝利は、来年以降に持ち越しとなった。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

アムテックスが「CR鉄火ばぁば」を発表

アムテックスが「CR鉄火ばぁば」を発表(更新日:2011/10/25)

アムテックスは10月18日、パチンコ機の新機種「CR鉄火ばぁば」の展示会を開催した。

新機種は、玉の動きを楽しむこれまでの同社機の流れを継承した特殊なスペックを採用している。大当りまでの流れはまず、盤面中央の飛び込みに玉を入れると回転体を経て役物に突入し、役物による振り分けを通過した玉が始動口に入賞すると大当り確率役1/8のドットが回転する。ドット抽選に突入すると、大当りとなり「鉄火RUSH」に突入する。この鉄火RUSHは出玉約90個の大当りが24回ワンセットとなっており、ワンセットの獲得出玉は約2,000個。RUSH消化後には3・5・9・45回転の時短に突入するので連続大当りも期待することができる。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

神奈川福祉事業協会会長に神奈川県遊協の伊坂理事長が就任

神奈川福祉事業協会会長に神奈川県遊協の伊坂理事長が就任(更新日:2011/10/25)

神奈川福祉事業協会は9月22日に定時総会を開催し、新会長に神奈川県遊協の理事長を務める伊坂重憲氏を選任した。同事業協会は昭和60年に神奈川県遊協および関連組合が設立し、社会貢献事業を展開している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

タイヨーエレックが「CR龍が如く 見参!」を発表

タイヨーエレックが「CR龍が如く 見参!」を発表(更新日:2011/10/25)

タイヨーエレックは10月18日、パチンコ機の新機種「CR龍が如く 見参!」のプレス発表会を開催した。同社は8月にサミーの完全子会社となり、甘利祐一新社長が就任。新枠「kaleido(カレイド)」で発表されたことも含めて、今作で新生タイヨーエレックを印象付ける形となった。

新機種は、セガの人気ゲームタイトル「龍が如く」シリーズとのタイアップ機。同機のモチーフとなるのは、宮本武蔵を題材にしたスピンオフ作品「見参!」で、原作の世界観を再現した「祇園三大バトル」の搭載が特徴となっている。バトルは、勝率約80%で勝利で出玉約2,000個の16ラウンド大当りと継続確定の「祇園の龍モード」に突入する「剣豪バトル」、継続確定で勝利すれば出玉が増える「祇園バトル」、勝率が低く継続が危うくなる「用心バトル」という三者三様の展開が用意されている。また、原作に楽曲提供をしているヒップホープアーティストのZEEBRAが同機のために書き下ろした新曲「Money In My Pocket」も収録されている。スペックは大当り確率1/386.3・確変突入率77%・時短30回転。

サミーの小口久雄専務は挨拶のなかで、タイヨーエレックの完全子会社化について「サミーグループのマルチブランド展開の最大化を目的にシナジー効果を発揮したい」などとし、新機種については「両社の技術を象徴した新枠、版権にセガの人気コンテンツ、正にセガサミーグループ一体となった機種」と語った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

タヤマクラブ遊技部会が例会を開催

タヤマクラブ遊技部会が例会を開催(更新日:2011/10/25)

タヤマクラブ遊技部会は10月17日、今期8回目となる例会を開催した。

例会では、同部会の三井慶満会長が年度末までの遊技機調達についての考え方を述べたほか、プラスアルファの藤田雄志社長、同コンサルタントの野島崇範氏、ジャーナリストの藤野浩太郎氏がそれぞれ講演した。そのうち三井会長は、年末年始のパチンコ機販売動向を踏まえ、遊技機の購買力を高めるために、リース等の資金調達で財務強化を図ることを視野に入れるべきとの考えを示した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(10月24日)

東京都公安委員会検定通過状況(10月24日)(更新日:2011/10/25)

CR牡丹と薔薇RR、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
CR牡丹と薔薇AA、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
CR牡丹と薔薇HH、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
CR幕末英雄伝龍馬RR1、ぱちんこ、サンセイアールアンドディ
CRヱヴァンゲリヲン7 MRW、ぱちんこ、ビスティ
CRアラビアンラッシュKL−E、ぱちんこ、大一商会
悪魔城ドラキュラIII Y、回胴式、KPE

遊技通信

LINEで送る
Pocket

千葉県遊協が経営者・管理者研修会を開催

千葉県遊協が経営者・管理者研修会を開催(更新日:2011/10/20)

千葉県遊技業協同組合は10月18日、千葉市内において「経営者・管理者研修会」を開催し、千葉県警察本部生活安全部風俗保安課の担当官が「最近のホール営業の現状と健全営業について」と題する講話を行った。

講話に先立ち、10月3日のホール5団体代表者会議において警察庁から口頭で示された「広告・宣伝についての助言」について、その発言内容を記した文面が公表され、高安専務理事がそれを読み上げた。助言では、広告・宣伝規制の運用方針見直しを示してから3カ月ほど経過したが、依然として規制を故意に逃れようと、隠語などを駆使することで従前同様、著しく射幸心をそそるおそれのある内容を含む広告・宣伝が散見されるとして、3つの「極めて悪質性の高い」具体例を挙げてその是正を求めたもの。


(1)有名人又は特定の人物をことさらゾロメの日等の特定の日に招致することにより、遊技客をして遊技機本来の性能に調整を加えた遊技機等の設置を期待させる広告・宣伝。
(2)広告・宣伝規制の運用方針の明確化以前には、そのようなものは設けていなかったにもかかわらず、大当たりを象徴する「7」、又は回胴式遊技機の設定「6」にかけて、新たに企業理念を適当に設けて、「7つの約束」や「6つの想い」などと称して、実質的に著しく射幸心をそそるおそれのある表現を記載している広告・宣伝。
(3)店舗の所在地について、例えば、「○○駅東口から徒歩で33秒、160歩、ダッシュで5秒」という広告・宣伝を行い、これにより、「4円パチンコなら33玉で、1円パチンコなら160玉で、20円スロットなら5枚で100円相当の賞品と交換する。」という、いわゆる等価交換違反にあたる内容を巧妙に偽装している広告・宣伝。

行政講話では、課長補佐が10月6日付で警察庁が発出した賞品提供方法に関する通知内容を示しながら、その遵守や、賞品買い取り・買い取らせ行為の禁止、不正防止の遵守徹底を求めた。また、昨年中に県警がパチンコ営業者に下した行政処分は、指示処分が13件、営業停止処分が2件あったと指摘。指示処分理由としては、特定の台が高設定である旨を掲示した広告宣伝違反や会員限定で商品が当たる抽選会を実施するなどの営業事例があったことを報告した。

一方で係長は、6月に警察庁が発出した広告宣伝および構造設備の通知内容を解説するなかで、ホール営業における広告宣伝について「広告を見た人が何を思い、連想するのか、という視点が重要」と指摘し、「事実の告知であっても、入賞を容易にした遊技機の設置を伺わせる表示に該当するおそれがあるので、十分に配慮してほしい」とクギを刺した。さらに具体的事例として、遊技機の難易度を示す表示として「星印」の掲示物が掲出されているケースを挙げるなどした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

シーグリーンがマーケティングセミナーを開催

シーグリーンがマーケティングセミナーを開催(更新日:2011/10/20)

ポイントシステム「タメットCLUB」などを展開するシーグリーンは10月11日、東京・上野でホールエグゼクティブセミナーを開催した。

コンサルティングを事業とするノンブル・マーケティングの齊藤晃一社長など5名が講演を行い、齊藤氏は「炎上マーケティング」という販促手法を提案した。「炎上」とはブログなどのコメント欄に閲覧者の書き込みが集中することを示すネット用語で、この「炎上」を意図的に起こすことで、自店のサービスや想いを知ってもらうのが狙いだと説明した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

総務省が遊技機型式検定の手数料に改善勧告

総務省が遊技機型式検定の手数料に改善勧告(更新日:2011/10/18)

総務省は10月14日、検査検定制度や資格制度の利用者の負担軽減を図る観点から、検定制度のうち134制度について抽出調査し、このうち32制度で利用者の過大な負担となっているケースが見つかったと発表した。

「遊技機の型式の検定制度」(実施主体/都道府県公安委員会、保通協)については、手数料等の設定・見直しが適切に行われておらず、改善する必要があるものの一つとして挙げられた。具体的には「毎年、事業収入の10%に当たる約3億円の事業活動収支差額(剰余金)が発生するなど、収入超過により相当額の剰余金が発生しているにもかかわらず、手数料等の額を据え置いている」とされている。

総務省では、今回の調査において約半数の事業で手数料等の妥当性を検証できる積算根拠がないこと、また約4割の制度で手数料の設定が不適切になっていることを指摘し、早急に改善措置を取るよう求めている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket