ガイア、東電・東北電管内の電気使用量が41%削減

ガイア、東電・東北電管内の電気使用量が41%削減(更新日:2011/9/30)

ホール経営大手のガイアは8月の電気使用量について公表し、東京電力と東北電力管内店舗で41.0%、チェーン店全店舗では35.0%の電力削減を果たしたことを明らかにした。

同社は、経済産業省電力需給緊急対策本部より発表された東京電力・東北電力・九州電力の供給エリアにおける需要抑制目標15%削減に対応するため、管内の店舗で合計30.3%の電力削減を目標に、節電対策を進めてきた。なお、7月は東京・東北電力管内店舗で39.3%、全店舗合計で33.2%の削減を達成している。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

サンセイR&Dが「よく回るパチンコ」第2弾を発表

サンセイR&Dが「よく回るパチンコ」第2弾を発表(更新日:2011/9/30)

サンセイR&Dは9月28日、パチンコ機の新機種「CR 幕末英雄伝 龍馬」の展示会を開催した。

純正の8個保留とスタート数を多くしても利益が取れるスペックバランスによる「よく回るパチンコ」の第2弾機で、坂本龍馬を主人公に西郷隆盛や高杉晋作ら幕末の志士が登場し、8個保留を活かした先読み予告を中心とした演出を展開する。右打ち消化の確変モード「海戦BATTLE」に突入すると、世界の強敵と戦うバトル演出で継続告知が行われる。

シリーズ機は大当り確率1/399.6・確変突入率80%の「XX1」、大当り確率1/309.13・確変突入率72%の「SS1」、大当り確率1/199.8・確変突入率72%の「ZZ1」の3タイプを用意した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

三洋物産が人気歌手パフィーをモチーフにした「CRパフィー」を発表

三洋物産が人気歌手パフィーをモチーフにした「CRパフィー」を発表(更新日:2011/9/30)

三洋物産は9月28日、パチンコ機の新機種「CRパフィー」の展示会を開催した。

1990年代にミリオンヒットを連発し、近年では世界的な人気を誇る2人組「パフィー」をモチーフに、「アジアの純真」「これが私の生きる道」などのヒット曲を収録した。大当りで歌が流れれば確変確定となるほか、各楽曲のアニメ系やPV系のリーチを搭載するなど、絶え間なくパフィーの楽曲が流れる演出構成となっている。

「いい感じ図柄」登場で期待度が高まるというポイントを設け、三洋ファンが求める分かり易さを加えた。シリーズ機は大当り確率1/385.5の「LFT」、1/299.3の「MTA」、1/199の「STB」の3タイプで、確変突入率はいずれも70%。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

マルホン工業が人気ゲームのタイアップ機「CR喧嘩番長」を発表

マルホン工業が人気ゲームのタイアップ機「CR喧嘩番長」を発表(更新日:2011/9/30)

マルホン工業は9月28日、パチンコ機の新機種「CR喧嘩番長」のプレス発表会を開催した。

シリーズ5作の累計販売台数が150万本を超える人気ゲーム「喧嘩番長」をパチンコ化し、同機は、修学旅行のメッカという設定の架空都市「郷都」を舞台に修学旅行に来ている各地の番長が闘い全国制覇を目指す、シリーズ3作目の「喧嘩番長 全国制覇」のストーリーを軸にした演出が展開される。

ヤンキー用語でいう「シャバイ」行動を取ると確変期待度が下がり、逆に「シブイ」と確変期待度が高まるなど、原作を取り入れたコミカルなゲーム性も採用されている。大当り確率1/392.7・確変突入率70%・時短30回転の「MX雷神」の1スペックで発表。右打ちモード中の大当りは全て出玉約2,025個の15ラウンドとなる出玉感が最大の魅力となっている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

船井総研が女性客獲得セミナーを開催

船井総研が女性客獲得セミナーを開催(更新日:2011/9/30)

船井総研は9月28日に「女性客数UP実践セミナー」を開催し、同社コンサルタントの岡田龍也氏、中右有美氏が講演した。

女性客比率を高めるための取り組みについて「囲い込み戦略」を挙げた岡田氏は、「簡素で分かりやすい誘導説明を行うことが大事。また、話題機の入れ替えがあった1週間は会員募集の徹底化をはかることも重要だ」と説明し、女性客獲得に成功した幾つかの事例を挙げながら視認性の高いポスターやPOPデザインの解説を行った。

中右氏は、主に女性客視点で心地良く感じる繁盛店の特徴を紹介し、営業的なこと以外に、きめの細かいサービスの徹底が不可欠と提言した。また、女性客獲得に向けたこうした配慮や接客は、サービスレベルの向上はもとより、競合店においても差別化戦略の強化に繋がるとの考えを示した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ノンブル・マーケティングが事務所移転

ノンブル・マーケティングが事務所移転(更新日:2011/9/30)

パチンコ営業の支援を行うノンブル・マーケティングはこのほど、事務所を移転した。下記の通り。


〒113-0033
東京都文京区本郷1-15-2 三澤第一ビル201号
TEL 03-6801-8552
FAX 03-6801-8381

遊技通信

LINEで送る
Pocket

エース電研が「最新設備6社合同展示会」を開催

エース電研が「最新設備6社合同展示会」を開催(更新日:2011/9/30)

エース電研は9月27日と28日の2日間、東京・上野の同社ショールームで「最新設備6社合同展示会」を開催した。

先行きの不透明感が強まる市場環境のなか、年末の繁忙期に向けたホール営業を設備面で支援すべく最新機器を一堂に集めた同展には、エース電研をはじめ日本ゲームカード、サン電子など協賛企業5社が参加。玉補給システムを中心に、ホールコンピュータやICカードシステムなどの主力設備機器に加えて、広告宣伝や差別化施策、環境商材にいたる幅広いサービスや商材も紹介された。

また、エンタテインメントビジネス総合研究所による「イベント規制後の営業戦略セミナー」も開催され、来場した多くのホール関係者が参加した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

同友会がチャリティフリマ開催を発表

同友会がチャリティフリマ開催を発表(更新日:2011/9/30)

同友会は9月21日に定時理事会を開催し、各委員会報告などを行った。

薛博夫副代表理事が夏期の電力使用削減状況について説明し、「回答のあったホールの集計から、東北電力管内では24.7%削減(うち輪番休業10%)、東京電力管内では30.8%(同15%)削減されたことで数値達成された」と報告した。10月からはホール5団体で合意されている節電6項目を解除し、本来のエコホールづくり宣言(CO2 15%削減)の実践に向けての取り組みを強化させていくという。

また、岩手県陸前高田市における被災地復興支援ボランティアが第22次まで進んでいることが報告され、会員企業へ最終ボランティア活動に向けての参加協力が改めて呼びかけられた。さらに、同友会会員企業5社9店舗による「チャリティフリーマーケット」の開催も発表され、フリーマーケットによるチャリティ募金の拠出先として、日本ユネスコ協会連盟の就学支援奨学金に充てることを決定した。エムズ・ユー、グランド商事・アドバンス、夢コーポレーション、アスカ、ミカド観光の店舗で、10月9日から30日まで予定されている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ダイナムがプロバスケットの日韓戦を協賛

ダイナムがプロバスケットの日韓戦を協賛(更新日:2011/9/30)

ホール経営大手のダイナムは、「2011 bj-KBL チャンピオンシップゲームズ」(主催・日本プロバスケットボ ールリーグ/韓国バスケットボールリーグ)をスポンサーとして協賛すると発表した。

同試合は日本のbjリーグと韓国のKBLの王者同士が対戦するプロバスケットボールの日韓王者決定戦で、2006年から開催され今年で6回目となる。同社の協賛は2年連続で、ホール344店舗においてゲームの店頭案内を行うほか、ダイナム賞(3ポイント得点王)を設置するなどして盛り上げていく予定。ホームタウン制、地元密着型チーム経営を理念に掲げているbjリーグの姿勢が、企業理念に「社会貢献」を掲げる同社の目指すべき方向性に沿うものとの考えから協賛を決めた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

アサヒディードが大阪緑のトラスト協会へ寄付

アサヒディードが大阪緑のトラスト協会へ寄付(更新日:2011/9/30)

ホール経営のアサヒディードはこのほど、「グリーンアップキャンペーン緑の募金運動」で集まった募金16万7583円(うち10万円が同社からの寄付)を財団法人大阪緑のトラスト協会へ寄付した。

同キャンペーンは、環境保全を目的とした地域貢献活動で平成19年から実施し、今年で4回目となる。9月8日には贈呈式を同社会議室で行い、板倉孝次常務取締役が大阪緑のトラスト協会の平田通文常務理事へ目録が贈呈。これに対し同協会より感謝状が贈られた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket