「第二保通協」が8月にも再申請

「第二保通協」が8月にも再申請(更新日:2011/7/26)

新しい遊技機の指定試験機関として、いわゆる「第二保通協」の設立を目指している日本遊技機型式検定機構は8月15日、名古屋市内の同機構本部で、試験場施設を報道関係者らに公開するとともに、8月にも警察庁に再申請することを明らかにした。

同機構は昨年10月、警察庁が設立申請書を受理し審査が行われていたが、当時理事長を務めていた高木一夫氏がパチンコ店経営企業の役員を務めていたことや、検定機構の資産の大半が高木氏の拠出によるものであることを理由として、今年4月に不許可処分が下されており、その後の去就が注目されていた。

再申請にあたり検定機構では、高木氏に変わる新理事長に元名古屋市議の吉田伸五氏が就任。さらに業界内外を問わず、機構の考えに賛同する人達から資金を募り、基金として拠出することで、前回不許可処分となった要因をクリアする考えだ。

機構サイドでは、すでに設備面などの審査項目は、警察庁の実地検査の結果、問題ないとしていることから、再申請が受理された後は、3カ月程度で指定機関の許可を得られると見ている。会見した吉田新理事長は「たいへんやりがいのある仕事を頂いた。今後、いい結果を出していけるよう、不退転の決意で全力を尽くす」と意気込みを語った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(7月25日)

東京都公安委員会検定通過状況(7月25日)(更新日:2011/7/26)

◇CRウィッチブレイド370ZST、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRウィッチブレイド399XST、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRトライガンM-T、ぱちんこ、ニューギン
◇CRトライガンM-TG、ぱちんこ、ニューギン
◇CRA野性の王国 SUN N-KG、ぱちんこ、ニューギン
◇CR野性の王国 SUN HR2-T、ぱちんこ、ニューギン
◇CR野性の王国 SUN HR2-TG、ぱちんこ、ニューギン
◇ウイングマンY、回胴式、オリンピア

遊技通信

LINEで送る
Pocket

サン電子が東京営業所を移転

サン電子が東京営業所を移転(更新日:2011/7/26)

サン電子はこのほど東京営業所を移転し、8月1日から業務を開始する。住所・連絡先は下記の通り。なお、名称は「東日本営業部」としている。


〒110-0015
東京都台東区東上野1-11-4 ルート東上野ビル4階
TEL 03-6895-1551
FAX 03-6895-1553

遊技通信

LINEで送る
Pocket

FTNが東京で例会開催

FTNが東京で例会開催(更新日:2011/7/26)

不正対策に関する情報交換を行っているFTNは7月21日に例会を開催し、ホールセキュリティーコンサルティングを手掛けるコスモローム研究所の南光國昭氏と業界情報サイトを運営するパチンコビレッジの村岡裕之氏が講演を行った。

南光氏は、サブ基盤ゴトなど遊技機の特性を悪用したものやセレクタゴトに加えて、甘デジを狙った事案が近年増加していると指摘し、対策としてホール内の巡回と監視カメラの監視強化、ホールコンデータの頻繁な確認などを促した。

村岡氏は、今年上半期の遊技機販売状況や業界動向を解説。年末には各社から社運を賭けたビッグタイトルが多数用意されているとして、機械代の予算配分は下半期の機械動向にもしっかり注意を払うべきと述べた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ピーワールドがデジタルサイネージ向け映像作成システムを提供

ピーワールドがデジタルサイネージ向け映像作成システムを提供(更新日:2011/7/26)

ピーワールドはこのほど、パチンコ店情報ポータルサイト「P-WORLD」上にある各店舗のホームページを、デジタルサイネージに活用する映像コンテンツを生成するサービスをスタートさせた。

担当者が編集したホームページからワンクリックで映像コンテンツを生成することで、これまでの課題を解消した。常に最新の情報に保たれているホームページの内容から、映像コンテンツを生成するサービスに特化させて、動画生成までの時間をおよそ30秒に短縮し、常に新しい映像コンテンツの配信を可能とした。

利用はP-WORLD正式加盟ホール限定で、生成費用は1,000円。気に入った内容に編集されるまで、無料で何度でもプレビュー利用が可能となっている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket