「第二保通協」が8月にも再申請

「第二保通協」が8月にも再申請(更新日:2011/7/26)

新しい遊技機の指定試験機関として、いわゆる「第二保通協」の設立を目指している日本遊技機型式検定機構は8月15日、名古屋市内の同機構本部で、試験場施設を報道関係者らに公開するとともに、8月にも警察庁に再申請することを明らかにした。

同機構は昨年10月、警察庁が設立申請書を受理し審査が行われていたが、当時理事長を務めていた高木一夫氏がパチンコ店経営企業の役員を務めていたことや、検定機構の資産の大半が高木氏の拠出によるものであることを理由として、今年4月に不許可処分が下されており、その後の去就が注目されていた。

再申請にあたり検定機構では、高木氏に変わる新理事長に元名古屋市議の吉田伸五氏が就任。さらに業界内外を問わず、機構の考えに賛同する人達から資金を募り、基金として拠出することで、前回不許可処分となった要因をクリアする考えだ。

機構サイドでは、すでに設備面などの審査項目は、警察庁の実地検査の結果、問題ないとしていることから、再申請が受理された後は、3カ月程度で指定機関の許可を得られると見ている。会見した吉田新理事長は「たいへんやりがいのある仕事を頂いた。今後、いい結果を出していけるよう、不退転の決意で全力を尽くす」と意気込みを語った。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(7月25日)

東京都公安委員会検定通過状況(7月25日)(更新日:2011/7/26)

◇CRウィッチブレイド370ZST、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRウィッチブレイド399XST、ぱちんこ、豊丸産業
◇CRトライガンM-T、ぱちんこ、ニューギン
◇CRトライガンM-TG、ぱちんこ、ニューギン
◇CRA野性の王国 SUN N-KG、ぱちんこ、ニューギン
◇CR野性の王国 SUN HR2-T、ぱちんこ、ニューギン
◇CR野性の王国 SUN HR2-TG、ぱちんこ、ニューギン
◇ウイングマンY、回胴式、オリンピア

遊技通信

LINEで送る
Pocket

サン電子が東京営業所を移転

サン電子が東京営業所を移転(更新日:2011/7/26)

サン電子はこのほど東京営業所を移転し、8月1日から業務を開始する。住所・連絡先は下記の通り。なお、名称は「東日本営業部」としている。


〒110-0015
東京都台東区東上野1-11-4 ルート東上野ビル4階
TEL 03-6895-1551
FAX 03-6895-1553

遊技通信

LINEで送る
Pocket

FTNが東京で例会開催

FTNが東京で例会開催(更新日:2011/7/26)

不正対策に関する情報交換を行っているFTNは7月21日に例会を開催し、ホールセキュリティーコンサルティングを手掛けるコスモローム研究所の南光國昭氏と業界情報サイトを運営するパチンコビレッジの村岡裕之氏が講演を行った。

南光氏は、サブ基盤ゴトなど遊技機の特性を悪用したものやセレクタゴトに加えて、甘デジを狙った事案が近年増加していると指摘し、対策としてホール内の巡回と監視カメラの監視強化、ホールコンデータの頻繁な確認などを促した。

村岡氏は、今年上半期の遊技機販売状況や業界動向を解説。年末には各社から社運を賭けたビッグタイトルが多数用意されているとして、機械代の予算配分は下半期の機械動向にもしっかり注意を払うべきと述べた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

ピーワールドがデジタルサイネージ向け映像作成システムを提供

ピーワールドがデジタルサイネージ向け映像作成システムを提供(更新日:2011/7/26)

ピーワールドはこのほど、パチンコ店情報ポータルサイト「P-WORLD」上にある各店舗のホームページを、デジタルサイネージに活用する映像コンテンツを生成するサービスをスタートさせた。

担当者が編集したホームページからワンクリックで映像コンテンツを生成することで、これまでの課題を解消した。常に最新の情報に保たれているホームページの内容から、映像コンテンツを生成するサービスに特化させて、動画生成までの時間をおよそ30秒に短縮し、常に新しい映像コンテンツの配信を可能とした。

利用はP-WORLD正式加盟ホール限定で、生成費用は1,000円。気に入った内容に編集されるまで、無料で何度でもプレビュー利用が可能となっている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

キーマンズの「遊技機無料レンタルプラン」にガイアが参加

キーマンズの「遊技機無料レンタルプラン」にガイアが参加(更新日:2011/7/22)

ホール経営大手のガイアは7月20日、中古機レンタル事業を展開するキーマンズ・キャピタルが主催する「東北エリア復興支援特別企画・遊技機レンタルプラン」に参加したことを明らかにした。

キーマンズ・キャピタルが保有する在庫遊技台や企画の趣旨に賛同した会員ホール企業から提供された遊技機を、東日本大震災で被害を受けたホールに無料でレンタルするというもので、無料貸出期間は3カ月。企画に賛同している企業は21社、提供している遊技機は4,000台を超えているという。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

健全化推進機構が計数機の動作確認求める

健全化推進機構が計数機の動作確認求める(更新日:2011/7/22)

遊技産業健全化推進機構は7月12日に定例理事会を行い、4月から6月末までにおける検査部の活動状況の報告等を行った。期間中の立入検査数は、全国33都府県方面の749店舗。

報告では、6月に行った計数機に対する検査・再検査でマイナス誤差が生じ、最終的に「計数機修理要請書」を手渡した店舗が複数あったことが明かされた。機構側では全てのケースについて「店舗側が意図的に行ったものでは無いと考えられる」としている。機構側は既に関係団体、ホール5団体にこの内容を通知しており、今後の各団体の対応が注目される。

遊技関連機器の団体である遊技場自動サービス機工業会は、機構側がこうしたアナウンスを行ったことに対して、「保守依頼に対応できる準備はあるので各メーカーに点検を要請してほしい」などとしている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

第6回社会貢献大賞に兵遊協が選出される

第6回社会貢献大賞に兵遊協が選出される(更新日:2011/7/22)

全日遊連を母体に、傘下組合の社会貢献活動を全国に普及・促進・広報することを目的に活動する全日本社会貢献団体機構は7月20日、第6回社会貢献大賞及び平成23年度助成金贈呈式を開催した。

社会貢献大賞には、33都府県方面遊協から88件の申請があり、厳選な審査の結果、兵庫県遊協の「ユニバーサル社会実現に向けた社会貢献」事業が選ばれた。都府県方面部門の最優秀賞には大阪府遊協、支部組合部門には新潟県遊協と新潟市遊技場組合、組合員ホール部門では千葉県のカクタがそれぞれ最優秀賞を受賞した。

平成23年度助成事業では、学術・文化の振興、子どもの健全育成など33の事業に計6,130万円の助成を決定。各事業の代表者に目録が手渡されたほか、東日本大震災の義援金として今回の式典の簡素化や平成22年度繰越金を原資とした1,500万円をあしなが育英会の「あしなが東日本大地震津波遺児募金」に寄託することも報告された。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

同友会が警察庁の運用方針への対応を報告

同友会が警察庁の運用方針への対応を報告(更新日:2011/7/22)

同友会は7月20日に記者会見を開催し、6月に警察庁から通知があった広告宣伝規制の見直しと構造及び設備に関する運用方針の明確化について、その対応を報告するなどした。

松田高志代表理事は、運用見直しに対する具体的な取り組みが7月25日に行われるホール5団体の風営法検討委員会での協議次第になる、と述べた。事務局によると、風営法検討会では警察庁からの通知を「通知に対する各県の反響」「遊技機の変更承認届け出に関する簡素化、内容の整理」「総付け景品のガイドラインの検討」の3項目に分け、これをホール5団体で分担協議することが既定路線とされている模様。ホール5団体では、風営法検討委員会での協議内容をまとめたうえで、警察庁と協議する意向だという。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

『サンキューガイア祭 in 京セラドーム』を開催

『サンキューガイア祭 in 京セラドーム』を開催(更新日:2011/7/22)

ホール経営大手のガイアは、7月13日に京セラドーム大阪で行われたプロ野球公式戦「オリックス・バファローズ 対 日本ハムファイターズ」を『サンキューガイア祭 in 京セラドーム』を開催した。

内外野の各ゲート前にガイアの専用ブースを設け、子ども達を対象としたストラックアウトゲームを実施し、子ども達に大人気のイベントとなった。始球式には少年野球チームでキャプテンを務める藤田諒也くん(小6)が登場し、大のオリックスファンで「ガイア今福鶴見店」によく来店するという父親とともに大役を果たした。

約1万5000人余の観客にガイア祭のうちわが配られるなど、会場は「ガイア一色」に埋め尽くされた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket