【震災関連情報】全壊半壊ホールが多数、全日遊連が報告

【震災関連情報】全壊半壊ホールが多数、全日遊連が報告(更新日:2011/3/29)

全日遊連は3月25日の全国理事会後の記者会見で、24日までに事務局が把握した被災地における組合員店舗の被害状況を報告した。


岩手県:壊店舗が15店舗で、従業員やその家族と連絡を取れない関係者もいるという。特に津波による被害が甚大だった沿岸部では詳細な被害は未だ把握できていない。

宮城県:全壊店舗が32店舗、半壊店舗が150店舗。連絡が取れていない店舗も10店舗ほどあるなど、県下の208店舗は全て何らかの被害を受けており、4月から5月にかけては営業再開できない状態という。

福島県:被害状況が全くつかめない状態。特に甚大な被害を受けた3地区の70店舗とは、未だ連絡が取れていないという。

茨城県:半壊その他で115店舗が被害を受けた。従業員の負傷者も3ないし4名いる。高萩市では全店舗、水戸市、ひたちなか市で7割、日立市、鹿嶋市で5割の店舗が被害を受けた。

千葉県:半壊その他で108店舗が被災。地盤の液状化現象による被害のほか、天井の落下、壁面や階段等の亀裂、パチスロ島の倒壊などがあったという。

全日遊連の西俊文事務局長は、「今のところ、被災した5県の状況は以上の通りだが、未だ実態把握には至っていない状態」と述べ、継続して調査にあたっている最中であることを付け加えた。また記者会見では、3月16日に開催されたパチンコ・パチスロ産業21世紀会で、全日遊連から被災地域にあるホールの遊技台代金の支払い延期を要望していることを報告。口頭による要望で、供給側団体の関係者からは理解を得たものの、組織として調整する必要があるとして、明確な回答はなかったという。そのため全日遊連では、文書による要望書を提出。供給側団体の理解を求めている。さらに、被災地におけるホールの従業員への雇用支援策についても、他のホール団体と連携して行う方向にあることが明らかにされた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

【震災関連情報】P-ZONEグループが義援金を寄付

【震災関連情報】P-ZONEグループが義援金を寄付(更新日:2011/3/29)

長崎を中心に「P-ZONE」の屋号でグループ展開するパラダイスは3月28日、東日本大震災に伴う被害者の救済や被災地の復興を支援するための義援金として、5000万円を長崎新聞社と中央共同募金会に寄付した。全21店舗に募金箱を設置して来店客からの善意を募る活動のほか、被災地の電力確保のため屋外広告の消灯や関連事業所での電力使用を控えるなどの対応も図っている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

東京都公安委員会検定通過状況(3月28日)

東京都公安委員会検定通過状況(3月28日)(更新日:2011/3/29)

◇CRAトムとジェリーNS、ぱちんこ、大一商会
◇CRフィーバーマクロスフロンティア 私たちの歌を聴け!α、ぱちんこ、三共
◇CR佐武と市捕物控H3-VG、ぱちんこ、ニューギン
◇CR佐武と市捕物控H3-V、ぱちんこ、ニューギン
◇CR佐武と市捕物控S-VG、ぱちんこ、ニューギン
◇CR佐武と市捕物控S-V、ぱちんこ、ニューギン
◇CRアシュラッシュ 極XX、ぱちんこ、奥村遊機
◇CRアシュラッシュ 雅ZZ、ぱちんこ、奥村遊機
◇CRAアシュラッシュ 祭、ぱちんこ、奥村遊機
◇CRAアシュラッシュ 和、ぱちんこ、奥村遊機
◇CRアラジンネオHV、ぱちんこ、サミー
◇CR北斗の拳金色CVJ、ぱちんこ、サミー
◇CRデジハネ北斗の拳慈母STV、ぱちんこ、サミー
◇エイリヤンビギンズA、回胴式、サミー
◇シオサイマックスS-30、回胴式、パイオニア
◇キングバイビV-30、回胴式、パイオニア
◇ココナナ2、回胴式、ネット
◇パチスロ笑ゥせぇるすまんKE、回胴式、三洋物産
◇マジカルハロウィン3T1、回胴式、高砂電器産業

遊技通信

LINEで送る
Pocket

【震災関連情報】警察庁が被災店舗の防犯対策を要請

【震災関連情報】警察庁が被災店舗の防犯対策を要請(更新日:2011/3/29)

警察庁保安課は3月24日、全日遊連らホール5団体に対し、震災で被害を受けた店舗の防犯体制の早期構築を要請した。被災地で、倒壊、無人となった店舗からの商品の持ち去り、さらには金庫から現金を盗み出すといった犯罪が発生している事を受けたもの。業界に対しては、閉店している店舗からの現金回収や、景品などを持ち去られないように、防犯体制を可能な範囲で講じるように呼びかけている。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

日本ゲームカードが人事異動を発表

日本ゲームカードが人事異動を発表(更新日:2011/3/29)

日本ゲームカードは、3月25日に開催した臨時取締役会で次のような取締役の異動を決議した。4月1日に予定される臨時株主総会で正式に決定される見込み。


■取締役/柳漢呉(現職 株式会社ジョイコシステムズ 取締役)
今回の取締役の異動と3月18日に発表した取締役・監査役及びその他役員の異動を踏まえ、6月23日以降の役員は次の通りになる。
■代表取締役社長/山田明
■取締役 専務執行役員 技術開発本部長/中村英一
■取締役 常務執行役員 管理本部長/堀幹千代
■取締役 常務執行役員 購買本部長/森直俊
■取締役/柳漢呉(新任)
■取締役 執行役員 営業本部長/東堂徹也(新任)
■常勤監査役/山口一美(新任)
■監査役/筒井公久(社外)
■監査役/関口正夫(社外)
■執行役員 購買副本部長兼購買部長/寺西俊一(新任)
■執行役員 技術開発副本部長兼第二技術部長/清宮宏之(新任)
■執行役員 営業副本部長/塚野信明(新任)

遊技通信

LINEで送る
Pocket

【震災関連情報】三洋物産が新機種の発表を延期

【震災関連情報】三洋物産が新機種の発表を延期(更新日:2011/3/25)

三洋物産及び三洋販売は3月22日、パチンコ新機種「CR聖闘士星矢」の発表及び発売を延期することを発表した。同機は3月25日に開催予定だった特別先行展示会を既に延期していた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

【震災関連情報】高尾が義援金を寄付

【震災関連情報】高尾が義援金を寄付(更新日:2011/3/25)

高尾はこのほど、東北地方太平洋沖地震における被災者支援と復興の義援金を中日新聞社会事業団事務局を通じて寄付した。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

【震災関連情報】都遊協が営業時間自粛を見直し

【震災関連情報】都遊協が営業時間自粛を見直し(更新日:2011/3/25)

東京都遊協は3月24日に理事会を開催し、このたびの東日本大震災に伴う対応として、先に取り決めていた営業時間自粛の見直しを決めた。


3月11日の大震災発生直後から、ホール営業の在り方を非難する一般市民からのメールが相次いだことを受け、都遊協では13日付けで組合員ホールに対して営業時間等の自粛を呼びかける通知文書をファックスで送信。その後、東京電力による「計画停電」の実施が具体化したことから、14日午前中に臨時執行部会を開催し、緊急措置として同日から21日までの間は、午前10時から午後6時までの営業時間とする自粛方針を決め、組合員に通知していた。併せて、営業時間中における外部ネオンや看板等の消灯、ホール店舗内の電飾の自粛、空調及び店内照明の調整による節電、さらに広告宣伝の自粛、遊技機入れ替えや構造変更等についての節度ある対応などを呼びかけた。

ところが、この通知後から地区組合長やホールの現場から、計画停電で混乱しているところに、さらに午後6時以降の閉店などの措置が加わると、営業できない日が2日間以上になるという意見が多数寄せられ、都遊協関係役員で再検討。地域の実情に従って自粛する方針に転換し、組合長の調整で時間等の変更はやむを得ないとする追加事項を決めた。

都遊協ではこの緊急措置によって、懸念されていた大規模停電の回避に貢献できたとする一方、自粛が長期に及ぶことで経営上の負担が増すことから、17日に執行部役員会を開催。先の営業時間の自粛方針を見直し、18日から当分の間、計画停電該当地域は、計画に従って営業時間を短縮すること、該当しない地域では営業時間を3時間短縮することを決めていた。

24日の理事会では、この自粛措置をさらに見直し、計画停電該当地域は、その計画に従って営業するものの、結果として計画停電が実施されなかった場合は時間短縮営業ができなくてもやむを得ないとした。また、計画停電に該当しない地域については、大規模停電の回避に配慮し、平日は10時から23時までの間で営業時間を3時間以上短縮すること、土日祝日は1時間以上短縮することを決めた。自粛期間は理事会当日から次回理事会開催予定日である4月28日までとした。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

【震災関連情報】都遊協、春のファン感謝デーを延期

【震災関連情報】都遊協、春のファン感謝デーを延期(更新日:2011/3/25)

東京都遊協は3月18日、4月8日から3日間に渡って実施する予定にあった「第17回 春のパチンコ・パチスロファン感謝デー」の延期を決め、組合員ホールに連絡した。今回の大震災による影響を考慮したもので、少なくとも1カ月以上は延期する。

遊技通信

LINEで送る
Pocket

都遊協・道本専務が勇退、後任に松田洋氏

都遊協・道本専務が勇退、後任に松田洋氏(更新日:2011/3/25)

東京都遊協は3月24日、臨時総代会及び理事会を開催し、長年、組合の専務理事を務めた道本佳治氏の勇退と、後任専務理事として松田洋氏の就任を決めた。


松田氏は昭和19年生まれ。警視庁刑事総務課長、刑事部参事官などを歴任して平成15年に退任。その後、暴力団追放運動推進都民センターの専務理事を務めていた。

遊技通信

LINEで送る
Pocket